上村農園特集@からみ大根編@  
2008年06月20日
 

上村さん、こちらがお世話になったにも関わらず、お土産を持たせて下さいました。

からみ大根をたくさん!!

からみ大根はおろし大根用のお大根。

会社に帰って早速大根をキレイに洗って、大根おろしにするために葉と皮を取り除きます。

けど葉も皮も捨てずに調理しましょう。もったいないですもん。

その上とても美味しいです!

我が社では葉と皮をしょうゆで炒めて、この通り↓

 美味しそうでしょ?皮の部分はからくもなく、食べやすいですよ!

そして、からみ大根の本業である、おろし大根はといえば・・・

まずはおろした大根をそのまんま・・・最初は辛くないな〜って余裕だったんですが、後からからみがきます。

けど美味しいし、その辛味が何ともクセになる感じです。

そして、ドレッシングをかけて食べてみると・・・辛味がすっと引いて、これまた違う美味しさ。

しょうゆもかけました・・・さすがしょうゆと大根おろしという黄金コンビ!

辛さはそのまま、美味です。

 

上村さん、からみ大根に+αで、サニーレタスもお土産にくださいました。

見えますか?切り取った後すぐの茎の部分です。

白い液がにじみ出ているでしょ?新鮮である証拠です!

上村さん、何から何まで、ほんとうにありがとうございました。

|
 
 梅味噌〜中間報告〜  
 

梅味噌をつけて10日後のものです。

我が社では占めて4種類の梅味噌を漬け中です。

’滷隠襭隋μA坑隠襭隋砂糖300g               梅1kg・米こうじ味噌2kg・砂糖450g

 

今理青梅1kg・新庄ゴールデン味噌2kg          ずM青梅1kg・白味噌1kg・砂糖500g

 

砂糖を入れた方が梅とミックスされやすいのでしょうか?

砂糖を入れているものからは、ほのかな梅の香りがしてきます。

おいしそう♪

こりゃ出来上がりが楽しみだ!

 

|
 
 上村農園特集@枝豆編@  
2008年06月19日
 

見えますか?小さい花が咲いています。

こっちは白↓

こっちは紫↓

どちらも、とても可愛らしい♪

これ、枝豆の花です。

白いのは『フクナリ』、紫は『ユアガリムスメ』という種類の枝豆。

どちらも茶豆系の枝豆です。

茶豆は普通の緑の枝豆よりもっちりとした食感があり、美味しいそうです。

次の写真は茶豆の苗です。↓              拡大図↓

2〜3日前に植えたばかりだというのに、もうこんなに生えてきています!

こちらは植えて1週間後のもの。(手前の葉が枝豆のものです)↓

すごく早くに大きくなるんですね★

このくらいおおきくなってから茶豆畑に植え変えていくのです。

初めから畑には植えないんですねぇ〜テマヒマかけてます!

上村さんは『フクナリ』『ユアガリムスメ』の他にも、『黒豆』『オツナヒメ』『コイヒメ』などといった種類の枝豆を育ててらっしゃいます。

茶豆畑に一歩足を踏み入れるとフワ〜っと茶豆の香りが漂ってきます。

畑に生えている時点でもう香りがするのも、茶豆の特徴です。

お酒が飲みたくなってきちゃいます!

|
 
 上村農園特集@水ナス編@  
2008年06月17日
 

今回はトマトに引き続きまして、上村さんの水ナス

見るからに水々しくて美味しそうでしょ?

上村さんの水ナスは手で握って絞るだけで簡単に水が出てくるんです。

上村さんが絞って見せてくれました↓見えますか?

写真では少し分かりにくいですが、なすびから水気がボトボトとたれてきています。

それだけ柔らかいということです。

こちらの写真を見てください↓紫の花がとても可愛らしいでしょう?

これ、なすびの花なんです。

というより、この花がやがて落ち、がくだけになり、そこからなすびが育ちます。

これが花が落ちた後のがくです。↓半分に切って見せていただきました。

真ん中の市白い部分が、やがて、このように・・・↓

中からなすびが育ってきます。

なすびの葉がなすびそのものに当たったりするだけで、なすびに傷をつけてしまいかねません。

とても繊細な野菜なんですね。

上村さんはなすびが傷つかないため、毎日、なすびに当たりそうな葉をチェックしながら切って歩かれているそうです。

これだけの広さのなすび畑のなすびを一つ一つチェックするのも大変でしょうね(ô ô;)

生を試食させていただきましたが、癖がなく食べやすい!

上村さんの愛情たっぷりと、太陽の光とたくさんの水をいっぱい含んだこの水ナス、

これまた美味です!

 

|
 
 上村農園特集@トマト編@  
2008年06月16日
 

先日、安佐南区の川内にある上村さんの農園を訪問して参りました。

↑上村さん親子。お二人こうしてみると、似てらっしゃる★

お忙しいのに、とても温かく迎えてくださって、野菜のことを色々と教えていただきました。

ありがとうございます。感謝感謝m(_    _)m

教えて頂いたこと、1回では説明しきれないので、小分けにして・・・

今回はトマト

上村さんのところのトマト、びっくりするくらい美味しかったです

特に左のは糖度がなんと10!右の写真のは糖度が8くらいです。

通常のトマトは糖度は3〜5くらい。

普通のトマトより糖度がグンっと高いのです。

それだけにこのトマト、人気がすごい!入手困難です!!

そこをどうにかお願いして試食させて頂いたのですが、本当にこんなトマト食べたことがないです。

とてもジューシーでトマトとは思えないくらい甘い♪野菜じゃないみたい。。

特に糖度10の方のトマトは、何か新種のケーキを食べてる気分でした・・・

例えが下手くそでごめんなさい。

けど本当にお菓子代わりにでもいける甘さと美味しさです。

また食べた〜い!! 

 

 

 

 

|
 
 ★おもしろ野菜★その4〜アーティチョーク〜  
2008年06月14日
 

↓みてください、これ↓

かわいいでしょ?何だと思いますか?

何かの花のつぼみのようにも見えます。

しかしこれ、実はれっきとした野菜なのです。

アーティチョーク といいます。和名は朝鮮アザミ。

日本ではまだ普及していませんが、欧州ではとても人気のある野菜だそうです。

 

そこで、食べてみました。アーティチョークは火を通して食べる野菜。

ちゃんとたっぷりのお湯でボイル。

頃合いを見計らい、火を止めます。

アーティチョーク、がくと芯は別々に分けて食べます。

がくは1枚ずつはがし、芯は何等分かに分けて。

今回は素材そのままの味を知るため、このまま食べてみました。

芯は・・・食感はホクホクとしていてアボガドのようです。味は何かほろ苦い。

がくは・・・こちらもほろ苦いのですが、甘さがあります。青臭い感じがまた病みつきになる感じ。

アーティチョークはほとんどがでんぷん質で、高エネルギーの野菜。

また、水溶性食物繊維というコレステロールや糖分を体から取り除いてくれる栄養素。これを多く含んでおり、重宝されています。

今回は素材そのものの美味しさを知るため、そのままで食べましたが、

がくにはソースやバターをつけて食べると、

芯にはソテーしたり煮こみ料理にしてみると、

美味しいそうです(・∀・)

近年は日本でもごく1部ですが、神奈川、千葉、静岡で栽培され始めているようです。

しかしながら、日本に出回っているものはほとんど輸入品。

値段も安くはありません。

でもこの野菜、とてもオシャレですよね★

是非特別な日に調理して召し上がってみてはいかがでしょう?

 

 

|
 
 梅シロップ作りました。  
2008年06月10日
 

先日、我が社にダンボール1箱分の青梅が届きました。

梅シロップ作り、お約束通りアップします!

梅シロップ作りのおさらいです。

梅をキレイに洗います★

キレイに洗い終わったら、水気を取って

梅を1kgづつ秤で量りながら、袋に入れて小分けにします。

小分けにしたら、こんなたくさんになっちゃいました。

そのまま冷凍庫に入れたんですけど、冷凍庫空っぽだったのに満杯。

ご家庭で作られるときは梅の量を調整するか、冷凍庫のものを食べつくすかしなくちゃいけませんね・・・

これで、1晩2晩冷凍庫で凍らせます。

1晩2晩したら、凍らせた梅と市販の氷砂糖を交互に、

梅1kg→氷砂糖1kg→梅1kg→氷砂糖1kgといった感じで大きなビンに入れていきます。

これだけです、これで放っておくだけ!常温で結構です。

すると、勝手にこのようになります。

ほんとにこれだけでとても美味しいと、皆に好評の梅シロップの出来上がり!

是非とも作って、疲れた体に梅シロップを取り入れてください!

 

|
 
 ★おもしろ野菜★その3〜大長レモン〜  
2008年06月09日
 

スーパーで売られているレモンってみんなピカピカですよね。

とってもみずみずしくて美味しそうに見えますが、あれ実はワックスによる輝きなんです。

防腐効果と見た目をキレイにする効果などの為にワックスを塗っているようなのですが、体にはいいわけがありません!

輸入されたレモンには輸出時に発がん性のある農薬をかけられるので、食用する際は注意が必要です!

アメリカではみんなレモンティーの中に入れるレモンの皮をわざわざ全部剥くみたいですよ。

それだけ良くないんです。

レモンって色々な用途に使われていますよね。

果汁を絞ってレモネードやレモンスカッシュなどの飲み物にしたり、

豚カツなどの揚げ物や牡蠣を食べる際に果汁を絞ってかけたり。

最近の研究ではレモンの果汁の中には食後の脂質代謝にかかわる成分が発見されたようで、油ものにレモンを添えることの意義が明確になってきているそうです。

このレモンを見てください↓これが大長レモン

この大長レモン、携帯電話より大きい!

ピカピカしてないのはワックスを塗っていないから。

これが本来のレモンの姿なのです。

これは広島県で1番の出荷量を誇る大長みかん同じ広島県の豊町で栽培されています。

大長レモンは栽培方法にこだわっており、味・品質共にもとってもいい!

温暖で雨の少ない瀬戸内海の気候と有機質の土壌、水はけのよい石積みの段々畑で太陽の恵みと潮風の恵みをたっぷり浴びて栽培されています。

とてもおいしくて安心して食べれます♪

やっぱり体にいいものを自分の体に取り入れたいですよね!

レモンは皆さんご存知のようにビタミンCが豊富に含まれています。

「レモン1個分のビタミンC」とよく言われますが、あれはおおよそ20mgのことです。

大長レモンは大きいのでもっと含まれてそうですけどね・・・。

清涼飲料水などに含まれるビタミンCはでん粉を発酵させて得たものがほとんどだそうで。

やはり本物のレモンでビタミンCを効率よく体に取り入れましょう!

 

 

 


|
 
 梅味噌の作り方  
2008年06月07日
 

先日我が社では、梅シロップに続きまして、

梅味噌なるものを作ることになりました。

作り方は簡単!(梅1kgに対して、味噌1kgが目安ですがお好みで)

’澆鮴う

⊃綉い鬚って、爪楊枝などでヘタを一つ一つ取る

味噌味噌の順番で容器に交互に入れていく

これで冷暗所に置いておくだけ!

できるだけ、毎日かきまぜましょう。

あと、お砂糖を混ぜたら、甘みが出て違う美味しさの梅味噌の出来上がりです!

(砂糖もまた梅や味噌1kgに対して1kg目安ですがお好みで)

味噌砂糖味噌砂糖の順に交互に入れればいいだけ。

半月くらいで食べれるようになるんですが、1〜2年たった方が美味しいそうで。。

待ちきれるかな?

梅味噌は色々な用途で、色々なもののドレッシング代わりに。

梅の実はおかずになります。

梅味噌ドレッシングは、豆腐にかけて良し、野菜炒めに混ぜて良し、お肉にだって合います!

白いご飯にだって合うし、重宝しそう♪

梅味噌に漬けた後の梅は、そのまま食べてしまっても、もちろんOK!

けど、梅はこうやって加工しても美味しいようです↓

’澆亮錣鮗茲蟒く

⊃紊鬘横娃娃磽磴曚鋲れ、食感が残る程度にミキサーにかける

F蕕豊△鯑れ、味噌150g・砂糖50g・みりん大さじ3杯を入れ、混ぜ、火にかける

そ蕕瓩篭火で、沸々としててきたら中火〜弱火にかけると20〜25分くらいで水分がとぶ

味噌とおなじくらいになったら出来上がり!

焦がさないように注意してれば、大丈夫です。

最後に艶出しのために蜂蜜を加えて1分くらい炒っても、炒らなくてもOK!

これは梅を食べつくすためにはもってこい(’∇’)

また途中経過を報告します♪

 

 

 

|
 
 梅シロップの梅の使い方  
2008年06月02日
 

わが社で作った梅シロップ。2007年7月3日のブログ参照。

水や牛乳で薄めて飲んで、とっても美味しい♪

そこら辺で市販されている梅ジュースとはかなりちがいます!

みんなに大好評でしたよ♪

けど梅シロップを作るときに使う、たくさんの梅そのものが残ってしまいますよね。

ぱくぱく食べてしまっても美味しいけど、何せたくさんあるからなかなか減りません。

そこで梅を使って何か作れないかと思いました。

●梅ジャム●

1、シロップから梅1舛鮗茲蟒个掘⊆錣鮗茲

2、果肉を切り刻み、裏ごしする。
3、種を鍋に入れ、ひたひたの水を入れて火にかける。煮立ったら弱火にして、種のまわりの果肉をとりながら煮て、取りきったら煮汁をこす。
4、 煮汁に裏ごしした果肉を加え、煮詰め、砂糖をお好みで数回にわけて加える。

 

●梅わらびもち●
1、ウメシロップ100mlを電子レンジで1分30秒ほど加熱する。

2、梅シロップに水300mlを加える。

3、鍋にわらびもち粉を入れ△400mlを少しずついれ、ダマが出来ないようにまぜる。

4、種を取って包丁でたたいた梅の実と蜂蜜をお好みで少量加える。

5、鍋を弱火にかけ、全体的にとろみがつくまで混ぜる。

6、容器に流し入れラップで表面を覆い、荒熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

 
これは最後の最後まで。シロップも果肉も美味しく食べれて飽きません!
 
実は今日も会社で再び新たな梅シロップ作りに取り掛かりました。
 
今は・・・冷凍中です。
 
またブログにアップします★
|
1