キャベツのスープのレシピ  
2009年04月24日
 

こんにちは。

広島、中央市場の古昌商店です。

久々の更新になりました。

最近、春キャベツは多いのですが、冬キャベツがなかなか手に入りにくいですねぇ。

この前すごい高値でスーパーで売られていたので、びっくりしました。

今回はキャベツのスープのレシピをアップします。

春キャベツでも冬キャベツでも可です。

●キャベツスープ●

1.ハム2枚玉葱1/2個人参1/3本を細長く切り、油適量を敷いたフライパンで炒め、少ししたらキャベツ2枚も適当な大きさに切って、一緒に炒めます。

2.しんなりしてきたら、水を400ccコンソメを1個入れ、煮込んだら出来上がり!

煮込み時間はお好みの野菜の柔らかさでどうぞ♪

その他、お好みのお野菜を入れてみてください!

とっても簡単で美味しいですよ〜

時間のない朝食にも最適ですね!

|
 
 キャベツの長い歴史  
2009年04月09日
 

こんにちは。

広島、中央市場の古昌商店です。

いよいよ春本番!桜もとっても綺麗に咲き誇っています。

お花見、されましたか??

しかしこの春は、なかなか暖かくなってくれるのが例年よりも遅くて色々な作物の値段が高くなっちゃっていました。。

キャベツも高騰していたのですが、徐々に値を下げつつあってホッとしています。

そのキャベツですが、大変歴史の長い野菜なんですよ!

キャベツの祖先は日本では青汁の原料としておなじみのケールで、原産地は地中海沿岸。

古代ローマやギリシャではキャベツは薬草として、色々と研究されていました。

キャベツが胃に良い、ということはこの頃から既に分かっていました〜すごい!

日本に渡ってきたのは江戸時代の頃で、球状にならない葉キャベツ。

「甘藍(かんらん)」と呼ばれ、始めは観賞用として栽培されていました。

この頃はまだ、あまり多くの野菜を生で食べる習慣がありませんでした

明治時代に洋食店がカツレツにキャベツの千切りを添えたのが話題となり、キャベツの生食がされ始めたそうです。

明治時代になると今と同じような形状のきゃべつになり、食用として本格的に栽培され始めました。

ケール、ブロッコリー、カリフラワーなど同じ種から出来た変種なんですよ〜

次回はキャベツをつかった野菜のレシピをアップします

 

 

|
 
 キャベツダイエットとキャベツの保存方法  
2009年04月01日
 

こんにちは。

広島、中央市場の古昌商店です。

今日は、昨日テレビでやっていたキャベツダイエットなるものを、話題にしたいと思います。

そのテレビではギャル漫画家の方が1ヶ月で6〜7キロも減量に成功していました!

方法はシンプルで、生のキャベツ6分の1玉を食前に食べてから、普通通り食事を摂っていいというもの。

とっても簡単ですがポイントは生で!ということです。

キャベツを生で食することにより、ビタミンCやUなどの栄養を摂取し、お肌のシワやたるみを予防

食物繊維も豊富なので、便秘を解消し、肌荒れも改善!と一石二鳥!!※キャベツの栄養参照

もう一つ生で食べることのポイント、それは自然とよく噛むことにより満足感を得ることができます。

よって、その後の食事量は自然と減っていくのです。

このダイエット、成功者が多いみたいですよ〜せっかく市場にいるんで私、箱買いして挑戦しようかなぁ♪

となると、保存が大変なので、ここでキャベツ保存の方法をお教えしときます。

芯を切り抜き、ぬれた紙をくりぬいた所に詰め込み、ラップを全体に巻いて、冷蔵庫保存すると万全☆

冬なんかは暖房のかかっていない所でしたら、新聞紙に包んで室温保存しておけばOK!

ちょっと今日久々にスーツ着て、太ったことを再確認したので、本気で挑戦するかも。。。

 

|
1