夏バテ防止の夏野菜  
2010年05月29日
 

こんにちは、古昌商店斉藤です。

なんとなく朝晩はまだまだ寒く感じられる毎日ですが、今日は夏野菜についてのご

案内です。

 

夏野菜で暑さに負けない体をつくる

夏野菜
 

夏野菜は、きゅうりやトマトなど、ぶらさがり野菜と呼ばれる果菜がメイン。水分やスタミナ源をたっぷりと含んでおり、体力を消耗しがちな、夏の健康生活をがっちりサポートしてくれます。

また夏は汗による水分不足と塩分のとりすぎによるむくみが大敵。そんな時は、きゅうり、トマト、なすなどが持つ水分とカリウムで夏のトラブルを撃退できます。その他、モロヘイヤ、つるむらさき、ズッキーニなども夏に旬を迎えます。


主な夏野菜

 かぼちゃ・トマト・茄子・冬瓜・きゅうり・ゴーヤ・とうもろこし・みょうが

 にんにく・えだまめ・ししとう・ピーマン・大葉

夏野菜の効能

  苦味とネバネバが元気をくれる

  ニガウリ・オクラ・ツルムラサキ・モロヘイヤなど特徴は苦味とネバネバ。苦味が食欲を刺激し、とろりとした  

  食感は暑くて食欲がない時でも、するっと喉を通してくれます。しかも、このネバネバは、腸を整え、疲労回

  復。さらに肌のアンチエイジングにも効能を発揮します。

 
   夏野菜の効果的な摂り方
1.さっぱりとお酢と一緒に


お酢の疲労回復効果との相乗効果で、乳酸のたまりにくい体を作ってくれます。それに、一度にたくさんの野菜

を摂れるのがいいですね。また、ミョウガ・イタリアンパセリなどの香味系の夏野菜とタコなどをマリネにしてどー
 
ぞ!
2.体を温める野菜

夏とはいえ、冷房で冷やされる時間がとても長い現代。そこで、体を冷やす野菜と一緒に温めてくれる野菜
を摂るべき。ミョウガ・ショウガ・ニンニク・唐辛子などを薬味としてちょっとづつ加えてバランスを取るといいと思
 
います。

また、きゅうり、トマトなどの身体を冷やす野菜もオリーブオイルとニンニクで炒めると冷房で冷えた体対策に有
 
効です。

特にトマトは、炒めることでリコピンがより多く摂取できるし旨みもアップします、ニガウリのビタミンCも熱に

強いのでしっかり摂取できます。


3.ジュースにして摂取

手軽に夏野菜をたくさん摂るには、生でざくざく切ってミキサーなどで他の野菜や果物と一緒にジュースにしま
 
しょう。

苦手な野菜も、バナナ・パイン・イチゴなどの果物と一緒にジュースにしてしまえば、案外、摂取が楽になるかも
 
しれません!

|
 
 いろいろなトマトのご紹介  
2010年05月24日
 

こんにちは。
広島中央市場、古昌商店の斉藤です。

トマトの美味しい季節ですが、今日はトマトについてのご紹介です。生でそのまま食べるのは少し抵抗が・・と言う方もいらっしゃると思いますが、甘味の強いフルーツトマトもたくさん出回っているので、そういう方もトマト好きになれるのでは?!

 

 トマトの旬

トマトは、1年中食べることができます。露地栽培トマトは6月〜8月、ハウス栽培のトマトは2月〜5月が中心になります。ハウス栽培が中心の冬春トマトと、露地栽培が中心の夏秋トマトに分かれます。

冬春トマトは甘みが強く、夏秋トマトは酸味が強いので、季節ごとの味わいを楽しむのも、おすすめです。

 

  トマトの種類

桃太郎

桃太郎:
私たちが食べているトマトと言えば、主にこの桃太郎です。甘みと適度な酸味があり、完熟すると真っ赤に染まるトマトです。


ファースト
 
ファースト:果実の先がツンととがった形で、ドロリとしたゼリー質が少ないトマトです。果肉がしっかりとしていて、固く、甘みがあります。年明けから4月にかけて作られる、冬トマトのひとつです。


ミニトマト
 
ミニトマト:果実の大きさが2〜3cmと小さいトマトです。赤のほかに黄色やオレンジなどのものもあります。お弁当やサラダに良く利用されますが、実は、ビタミンやリコピンなど有用な栄養素が中玉トマトより多く含まれています。

フルーツトマト
フルーツトマト:水をやらずに育てることで、糖度を高めた(糖度8以上)トマトのことをフルーツトマトと言います。大変甘く、フルーツ感覚で食べることができます。

 

グリーンハート:一見、完熟していないトマトに見えますが、果肉も皮もきれいなエメラルドグリーンのトマトです。新野菜のひとつで、夏になるとデパートなどの野菜売り場で買うことができます。甘みと酸味のバランスがよいので、そのまま生で食べても、軽く焼いてもおいしいです。また、ピクルスやマリネにも、おすすめです。

調理用トマト:甘みが少なく、酸味のある赤色トマトの一種です。加熱すると、甘みとうまみが引き立つタイプのトマトです。果肉がしっかりとしているので、煮込みなどにしても崩れにくいのが特徴です。有名なものに、サンマルツァーノがあります。

ドライトマト:サンマルツァーノなどの調理用トマトをじっくりと乾燥させたもので、酸味と旨みがギュッと凝縮されています。かなりしょっぱいので、ぬるま湯で塩抜きしてから食べます。パスタやサラダなどに使うと、いつもと違ったコクのある一品に仕上がります。

 
 
|
 
 ギフトの御紹介  
2010年05月20日
 


フルーツの盛り合わせ、ギフトにいかがでしょうか!

樹熟のマンゴー、アボガド、大長レモンと極めつけは葉付きのデコポン

 

 

 

デコポンは特殊な包装で新鮮さが保たれます。

 

 

 

時価にて、色々な組み合わせをします。

 

 

 

とってもお買い得で皆様に喜んで頂いています!!

|
 
 明日葉  
2010年05月06日
 
 こんにちは。
広島中央市場、古昌商店の斉藤です。

今日は、春から初夏にかけてでまわる明日葉についてご紹介します。

広島ではあまりなじみが無い野菜だと思いますが、伊豆諸島が主産地とのことで 
 
す。若葉を摘んでも明日には伸びるという所にこの名前の由来があり、生命力が  
 
強いだけあって、栄養価の高い緑黄色野菜です。


青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像
★★ 選び方 ★★
  緑が濃く鮮やかで、葉っぱにつやのあるもの。
  茎のしなやかなもの
 
 
★★ 効能 ★★
  
  茎を折ると切り口からネバネバした黄色い液汁がにじみ出てきます。この黄色い液汁には、カルコンクマリ   という成分が含まれています。
 カルコンには、胃酸の分泌を抑える作用や強い抗菌作用、発ガンを促進させる物質を抑える作用、血圧を下げる作用、血液をサラサラにして代謝を促進、血液の粘着や凝固を抑えて血栓ができるのを抑える作用など様々な効能があります。
  クマリンは、アルツハイマー型痴呆症を予防する効果があると言われています。また、クマリンにも抗菌作用があります。
 
カルコンやクマリンだけではなく、カリウムカロテンビタミン B 群などの成分も豊富に含まれています。豊富な栄養素で知られるケール やほうれん草などの青菜と比較しても、ビタミン群やミネラル類、食物繊維の含有量は抜きんでています。また、植物としては良質のタンパク質も含有しています。
 
 

 

通販でおなじみのアオ汁で利用されることが多いようです。コレだけ栄養価

が高ければなんとなくうなずけますね!!

|
1