天意の里・ハッピーベリー農園さん 第二弾  
2010年07月27日
 

こんにちは、古昌商店の田中です。

前回に引き続き、第二弾はハッピーベリー農園さんを紹介します。

6月に古昌社長が訪問した時よりも、ブルーベリーが成長してこの状態になっています!



ブルーベリーの収穫時期を迎えて、7月24日から摘み取りが出来るようになったそうです!
今回の訪問では、採れたてのブルーベリーを使用してジャムの作り方を教えて頂きました。

   

手作業でごみを除去していき、水で洗います。



洗った状態のブルーベリー!! 色艶がよく、しっかりとした実のブルーベリーは本当に綺麗です!!

  


水気を切り、鍋に移すとそのままの状態で焦がさないようにしっかりとかき混ぜます。
ブルーベリーを煮つめると、次にきび砂糖を加えて混ぜ合わせ、レモン果汁を加えます。
ブルーベリーの果実から水分が出るため、水は加えないそうです。



これが完成した状態です。 以前のブログでも紹介しましたが、このジャムは自然なとろみがありくせになる甘酸っぱさで、果実がたっぷりと入っていて本当にお勧めです!!

ハッピーベリー農園さんのブルーベリージャムはこちらから通信販売で購入できますので、ぜひご賞味ください!!

 

 

|
 
 天意の里・ハッピーベリー農園さん 第一弾  
2010年07月23日
 

こんにちは、古昌商店の田中です。

7月20日に古昌商店の社長とFMちゅーピー76.6MHzの広島すまいるパフェ担当パーソナリティ天野真木子さんが「天意(あい)の里ハーブガーデン」さんと以前に古昌ブログで紹介した「ハッピーベリー農園」さんを取材に訪れました。

今回は第1弾として「天意(あい)の里ハーブガーデン」さんを紹介します!!

  


場所は広島県の北部、北広島町大朝に位置し約40000屬旅大な敷地の中に自然食レストランやバーベキューテラス、クラフト教室などを備えています。

園内には100種類を超えるハーブの植栽のほか、野菜畑があり完全有機栽培で野菜を育てられているそうです。
自然食レストランでは、ハーブを使用したランチから会席まで提供していて、その他にもハーブティーやケーキなどのメニューもあるそうです。



これがハーブランチのサラダです! ハーブの花をちらした色鮮やかでとても綺麗でおいしいサラダです。
ぜひ、一度は訪れてみてはいかがでしょうか!!


ちなみに、今回の取材模様は8月2日(月曜)の15:20分頃にFMちゅーピー76.6MHzの広島すまいるパフェの中で放送されます。
中区西区以外の方は、サイマルラジオで聴くことが出来るそうなので、ぜひアクセスしてみて下さい!! 広島すまいるパフェのブログでも紹介されていますので、こちらもよろしくお願いします!!

|
 
 梅干し効能  
2010年07月20日
 

こんにちは、古昌商店の田中です。

梅雨も明けて、梅干しを漬けていた方は天日干しをするのにちょうど良い時期になりました。
今回は梅干しの効能を紹介します!

クリックすると新しいウィンドウで開きます
梅干しの効能には、血液浄化・活力増進・殺菌効果・老化防止・疲労回復があり、疲労防止・回復に効果のあるクエン酸は野菜・果物の中でもトップクラスです!!

二日酔い対策
 二日酔いの時には、梅干しの果肉をつぶし、熱いお茶、またはお湯を注ぎ込み果肉をさらにつぶして飲むこと  
 で酸性体質だった体がアルカリ性体質に回復して徐々に体調が良くなっていきます。

・ガン・老化の防止
 ガンや老化の原因となる活性酸素、梅干しには活性酸素を消してくれるパワーがあります。
 梅干しは見るだけで唾液がでてきますが、この唾液が実は健康にとっても良いそうです!!
 この唾液がガンを予防して老化防止にもつながります。 ちなみに唾液の分泌により食欲が進み、夏バテにも
 最適だということです!!

うなぎと梅干し
 昔からうなぎと梅干しは食べ合わせが悪いと言われますが、ビタミンB1豊富なうなぎとクエン酸の働きで、疲 
 労回復に優れた梅干しとの組み合わせは夏バテ防止に一番の組み合わせです!!
  

|
 
 夏バテ防止に 「ゴーヤー」 とそのレシピ  
2010年07月17日
 

こんにちは。
広島、中央市場の古昌商店、斉藤です。

今日は、夏野菜の「ゴーヤーについてご紹介します!

Icon bitter_melon

 

にがうり(苦瓜)は、沖縄本島では「ゴーヤー」、宮古島では「ゴーラー」、八重山地方(石垣島や西表島など)で

は「ゴーヤ」、九州では「レイシ」「ニガゴリ、ニガゴイ」などとよばれています。代表的な1年生の夏野菜で、正式

和名は「つるれいし(蔓茘枝)」といいます。現在はハウスものも出回っていますので1年中食べることができる

ようになりました。

 
海外では、主にインド、バングラディシュや東南アジア諸国で普通に食べられている野菜です。フィリッピンでは

「アンパラヤ」と呼ばれています。

何年か前までは、関東などではめずらしい野菜で、売っている所も限られていましたが、NHKテレビの連続ドラ

マ「ちゅらさん」以降、ゴーヤーブームが起こり、今ではどこででも手に入れることができるようになりました。

味はその名の通り、苦味が売りの野菜です。この苦味は沖縄でも子どものうちは苦手なようで、大人になってよ

うやく食べられるようになるみたいです。まさに大人の味。でも、この苦味こそがおいしさなんですよね。

もちろん、体にもたいへん良く、食欲のない時や、疲れたときに食べると、もりもり力がわいてくるような気がしま

す。暑い夏のせいでバテ気味の時にゴーヤーチャンプルーをおかずに夕食を食べると次の日はなぜか調子が

いいんですね〜。

ゴーヤの甘酢ゴマ風味漬け

ゴマ油のおかげでゴーヤの苦みがグっと和らぐレシピの紹介です。ゆでないからビタミンCも逃げないです!

ゴーヤ  半分
塩    小1/2
すし酢  大1.5
ゴマ油  小1
※調味料はお好みで加減

(1)ワタを取ったゴーヤをスライスし、塩を振り5分。
(2)さっと水で洗いすし酢とゴマ油をかけて冷蔵庫で味をなじませる

とっても簡単☆是非お試しを!!

|
 
 夏野菜  
2010年07月10日
 
こんにちは、古昌商店の田中です。

7月に入って暑くなり、夏バテ気味な方も増えてきてるのではないでしょうか?

今回は、夏バテ効果がある夏野菜を紹介します。


   

種類

 

 

 

 

 

 

主な栄養素

 

 

 

 

 

 

選び方

 

 

 

 

 

 

オクラ

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・カリウム・カルシウム・ビタミンA
刻むと出てくる独特のぬめりはペクチンという食物繊維です。これは整腸作用やコレステロールを減らす働きがあります。

 

 

 

 

 

 

緑の色が濃く、うぶ毛がびっしりと覆っているものを選びます。

 

 

 

 

 

 

アスパラガス

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE
アスパラガスの名前に由来するアスパラギン酸がアミノ酸の一種で、新陳代謝を促し、たんぱく質の働きを高める働きがあります。

 

 

 

 

 

 

穂先が揃って真直ぐなものを選びます。

 

 

 

 

 

 

かぼちゃ

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンA・カリウム・ビタミンE
カロチンが多く含まれ、粘膜を丈夫にする働きがあります。

 

 

 

 

 

 

へたが黄色く枯れていて、縦に溝が入っているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

きゅうり

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・カリウム・ビタミンE
イソクエルシトリンという成分を多く含んでいるので利尿作用があります。

 

 

 

 

 

 

緑が濃くトゲの鋭いものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

とうがん

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・カリウム・カルシウム
あっさりして食べやすいので、食欲のない時にも胃に優しく作用します。

 

 

 

 

 

 

表面に白い粉がふいているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

なす

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・カリウム・ナイアシン
カラダのほてりやのぼせが強い時に食べると効果があります。

 

 

 

 

 

 

へたのトゲが尖っているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

トマト

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンA・ビタミンE・カリウム
最近注目されているリコピンを含み、抗がん作用が認められています。

 

 

 

 

 

 

均一に色がついていて、へたの緑が濃くずっしりと重いものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

ピーマン

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンE・ビタミンA・カリウム
ビタミンCが最も豊富で、風邪の予防・がんの予防にも役立ちます。

 

 

 

 

 

 

色が濃くピンとしたものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

ゴーヤ

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・カリウム・ビタミンB1
ビタミンCの含有量がレモンの3倍で夏バテ防止には欠かせません。

 

 

 

 

 

 

あまり食べ慣れていない方は比較的苦味の少ない形のずんぐりしたものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

枝豆

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム
たんぱく質が豊富に含まれており、メニオンという成分はアルコールの分解を助けるので、肝臓の負担を軽くしてくれます。

 

 

 

 

 

 

緑が濃くさやがふっくらと膨らんで大きさが揃っているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 


夏野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維、機能性成分が豊富に含まれており、暑い夏を元気に過ごすため欠かせない食材です。 みなさんも、これらの食材を意識的に摂取して夏をのりきりましょう!!
|
 
 日本農業新聞  
2010年07月03日
 

こんにちは、古昌商店の田中です。

先日、仕事をしているとこんな物を発見しました!



「日本農業新聞」です!! 皆さんは農業専門の新聞が発行されているということをご存知でしょうか?

今回は日本農業新聞を紹介します。

 「日本農業新聞」は農協団体が発行する日本で唯一の日刊紙で発行部数は約40万部を誇ります。
農協組織から2002年8月にオールJAを結ぶ、株式会社日本農業新聞が設立されました。
 創刊からは約80年になり、政治の記事から消費・流通・食育・文化・農業技術・経営など、たくさんの記事が掲載されています。 
 その他にも、青果市況が掲載されていて日農平均価格、青果価格の上げ幅・下げ幅が分かるようになっています。
 新聞だけではなく、ネットで「e農ネット」「国産まるかじりネット」というサイトを運営していて、どちらも綺麗な構成で、とても読みやすく興味深いサイトになっています。

 古昌商店には、この新聞以外にも野菜に関する本がたくさん揃っており勉強する環境が整っています。
今後面白い記事や参考になる記事があればどんどん紹介していきたいと思います!!

  「e農ネット」        http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/
  
  「国産まるかじりネット」 http://kokusan-marukajiri.net/



|
1