大根のご紹介  
2011年02月19日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

今日2月22日はおでんの日だそうです☆★

熱々のおでんを「ふー!ふー!ふー!」と食べることと2月22日の「222」をひっかけて、おでんの日になったそうです。

そこで今回は、おでんの定番の具材である大根についてご紹介します。

こちらのブログで1度大根の事についてご紹介しましたが、更に詳しく調べてみました!!



だいこんはアブラナ科の野菜です。主として肥大した根胚軸を食用とするほか、種子から油が採れます。

形状や色も多様で、皮の色は日本に流通する品種に限れば主に白です。しかし海外には赤・緑・紫・黄・黒などの品種もあり、地域によっては白よりも普通だそうです。

     
       黒大根           赤大根             緑大根



大根には、デンプンの消化酵素であるジアスターゼたんぱく質や脂肪の消化を助けるオキシターゼ、胃液の分泌を促進してくれる辛み成分のアリル化合物を多く含んでおり、消化を助ける整腸作用があるとされています。



ビタミンCやB2も豊富で美肌効果があります。特に大根の皮の部分には中心部の約2倍のビタミンCが含まれています。調理方法などを工夫して、皮まで使うようにしましょう。

発ガン性物質を分解する繊維質のリグニンやガン抑制にも効果があるオキシターゼは、焼き魚の焦げに含まれている発ガン性物質を抑える効果があります。焼き魚のお供に大根おろしがつくのはこういうことからのようです。



葉部には根部にはないビタミンA・Eが含まれ、ビタミンCは根の5倍も多く含まれています。また、食物繊維なども豊富で、ガン骨祖しょう症の予防貧血の改善などに役立ちます。葉のたんぱく質にはアミノ酸のリジンミネラルも多く、だいこんの葉は堂々たる緑黄色野菜の仲間といえるでしょう♪♪


●大根おろし●

大根の使う部分やおろし方で、大根おろしの辛さは違ってきます。辛くするには大根の先を使って力強く直線的におろします。逆に辛いのが苦手な場合は、上の部分を使って、丸く円をかくように優しくおろしましょう。

また、大根をおろすときは、皮付きのままが効果的で、おろし器と大根の切った面が直角になるようにおろすと、繊維が細かくなり口当たりがよく仕上がります。

時間が経つと辛くなくなり、味もビタミンCもなくなっていきます。大根おろしは食べる直前におろし、すぐに食べきるようにしましょう。

|
 
 菜の花のご紹介☆★  
2011年02月17日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

今日は2月がまさに旬の菜の花についてご紹介します♪♪


菜の花はアブラナ科の、とても栄養価の高い緑黄色野菜です。

βカロチンビタミンB1B2ビタミンCカルシウムカリウム食物繊維などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。

カロチンビタミンC免疫力を高めがん予防風邪の予防に効果が期待できるとともに、お肌を美しくする効果もあります。

これは女性に嬉しい情報ですね♪♪


また、体内の塩分バランスを保つカリウムも豊富で、高血圧の予防治療中の方の食事に大変向いています。

鉄分も豊富なので、貧血気味の方は積極的に食べてみてください!!



菜の花の選ぶポイント

1、つぼみが小さく揃っているものを選びましょう。つぼみが咲いてしまっていると、味が落ちているので避けたほうが良いそうです!!

2、葉・茎が柔らかく切り口がみずみずしい物を選びましょう。

3、葉の色は、鮮やかなグリーンの物が新鮮だそうです。

4、全体的にシャンとしているものを選びましょう♪♪




●菜の花の保存方法●

・水分が蒸発しやすいので早めに使った方がいいそうです。

・乾燥に弱いのでビニール袋新聞紙に包みます。畑に生えているときと同じ状態になるように、立てて冷蔵庫の野菜室で保存します。

・余らせてしまうようならば、塩茹でし、硬く絞ったものをラップにくるんで冷凍保存します

・しおれて元気のない菜の花は、切り口を冷水に浸すと、驚くほどシャキッとするそうなのでお試しください♪♪




●調理のポイント●

・シャキシャキと歯ざわりよく食べるためには、茹でる前に水に浸し吸水させ葉をパリッとさせておくこと!!

・ビタミンCは熱に弱いので加熱は短時間にすること。

・カロテンは油と一緒に取ると吸収率が高まるので、炒め物揚げ物がオススメだそうです。



5分で出来る★菜の花のおひたし

材料
菜の花     1袋
●だしの素   小さじ1/2
●水     100cc
●しょう油   大さじ1
●みりん    大さじ1/
かつおぶし   適量 

作り方
1、菜の花は時間があればぬるま湯(30℃位)に15分ほど根本をつけて、しゃきっとさせ、半分の長さに切る。

2、沸騰した湯に塩を入れ、茎を入れて30秒、穂先を入れてもう30秒さっと茹でる。流水にとって、冷まし、水気をしっかり絞る。

3、だしの素を少量の湯(分量外)で溶き、ボウルに●の材料を全部入れて混ぜ合わせる。

4、ボウルに食べやすい長さに切った菜の花を入れて混ぜ、しばらく味をなじませる。お皿に盛って仕上げにかつおぶしをのせて完成です★☆

メイン画像

|
 
 野菜の茹で方♪♪  
2011年02月09日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社古昌商店です。

この前会社にアスパラがあり、茹でて食べてみることになりました。

その時に困ったことがありました。

アスパラって水から茹でるのか?

それとも沸騰してから茹でるのか?

正しいゆで方は、沸騰してから茹でのが正解でした。




そこで今回は水から茹でる野菜・沸騰してから茹でる野菜を調べてみました。

皆さんの料理の参考にしてみて下さい♪♪



根野菜は水から。葉ものや芽花野菜は沸騰したお湯から

 根野菜は火が通るのに時間がかかるので水からじっくり火を通します。逆に、ものは火を通しすぎると茶色くなりやすいので沸騰したお湯で短時間茹でて綺麗な緑色を保ちます。

これに関してはご存知の方も多いと思います。

だけど、根野菜って何だっけ芽花野菜って何??と思った人も多いはずです。野菜を切っている時になって「あれ、これ水からだっけ?お湯からだっけ?」と迷ってしまった時、覚えておくといいことがあります。


★野菜の出来る様子を思い出す★

迷ったら、その野菜ができる様子を思い出してみてください。

根野菜に代表されるじゃがいもカブ大根ごぼうサツマイモかぼちゃなどは土の中にできます。

ほうれん草小松菜などの葉野菜は土の上に。キャベツブロッコリーなどの芽花野菜も土の上にできます。


★覚え方★

土の中にできる野菜は水から

土の上にできる野菜はお湯から

これを覚えておくと、ふと迷った時に思い出しやすいです。

そしてこれさえ覚えておけば、炒め物や煮物の時にも土の中に出来る野

菜から先に入れて火を通してという事が自然に出来るようになりま♪♪


〈水から茹でる野菜〉

・さつまいも・里芋・ごぼうかぼちゃ

・れんこん・ニンジン・竹の子・とうもろこし等


〈沸騰してから茹でる野菜〉

・ほうれん草・キャベツ・チンゲン菜

・ブロッコリー・カリフラワー・さやえんど

・アスパラ・枝豆・そら豆・小松菜・グリーンピース・もやし

・春菊・白菜等



今回はその中から“沸騰してからゆでる野菜”の、ブロッコリーの美味しい茹で方をご紹介します。

『ブロッコリーの美味しい茹で方』

1、ブロッコリーは水洗いし、つぼみのついていない細い茎を切り落とし、茎ごとに切り分けます。

2、つぼみの部分に虫やごみが入りやすいので、切り分けたブロッコリーは、水を張ったボウルにしばらく浸けておきます

3、ブロッコリーの茎の皮を包丁の刃の部分でそぎ落とし、乱切りにします。

4、大きめの鍋にブロッコリーの/が隠れるくらいの水を入れ沸騰させておきます。  

  水の分量は、蒸しゆでにする前に確認しておきましょう。

 

5、【4】の鍋にブロッコリー、茎、塩を入れ、蓋をして中火で蒸しゆでに

  します。      

  ブロッコリーの量にもよりますが、34ほどで火が通るので、竹串

  などを刺して、ゆで加減をチェックしてください。

6、ブロッコリーをザルにあげ、うちわなどで扇いで冷まします。

  こうすることで、余熱で柔らかくならずに済み、きれいな緑色が保てま

  す。

 

 1          2         3、4

 ブロッコリーを茎ごと切り分ける ブロッコリーのごみを落とします 茎の皮をそぎ落とす 

 5         6                   
  蒸す 冷ます 

 

 

 

 

 

 

|
 
 地産地消!!シチューの試食会のお知らせ  
2011年02月05日
 

こんにちは、広島中央市場古昌商店です。

月4日に広島市中央卸売市場で、早朝5時30分から7時頃まで日本野菜ソムリエ協会ハウス食品株式会社のコラボ企画で、広島県産牡蠣とほうれん草を使ったシチューの試食会が行われました。

朝早くから本当にご苦労様でした。

このキャンペーンでは、産地野菜市場、そして流通の連携を深めることで、より多くの方々へ“シチュー”を切り口に野菜の旬栄養価食べ方を知っていただくきっかけ作りをしていきたいという思いから行われたそうです。


広印青果の野菜ソムリエの資格をとられた藤井さんです。

野菜ソムリエ協会のスカーフがとても可愛いですね♪♪



広島県産牡蠣ヒバゴンの寒じめほうれん草をふんだんに使ったシチューはとても美味しく、身体も温まり、私も今度地産地消の食材を使って何か作ってみようと思いました。


牡蠣はとてもプリプリしていて美味しく、シチューに入れるのはもちろん、そのまま食べても絶対に美味しいだろうなと思いました。

 

 

 

 

ホーレン草はヒバゴンの寒じめほうれん草を使っており、とても甘味があり、シチューとの相性は抜群でした。

ちなみに、今回使った寒じめほうれん草のパッケージは古昌商店の社長の友人の方がデザインされたそうです。

とても可愛らしいパッケージですよね。

皆さんもこのパッケージを見つけましたら是非とも手にとってみてください。




古昌商店のメンバーもとても美味しそうに食べていました。

皆さんも機会がありましたら地産地消を使った料理を作ってみてください♪

こういうキャンペーンを通して、より多くの野菜の普及に繋がればいいなと感じました。

私も、野菜のことを少しでも知れてよかったと思います♪♪

|
1