水茄子のご紹介  
2011年03月28日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

昨日3月27日水茄子の日だったそうです♪♪
水(32)なす(7」と読む語呂合わせから水茄子の日になったそうです!!

また、この時期から夏に向けて本格的な出荷が始まるのも由来のひとつだそうです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ナスは本来、灰汁が強く生食には向かない野菜です。しかし水茄子は灰汁が少なく水分を多量に含んでおりほのかな甘みもあって生食が可能です。
生食が可能なナスは全国的にも珍しいそうです。


水茄子の原産地インドです。
歴史は古く紀元前5世紀頃、中国に伝わったとされています。わが国では4〜6世紀の古墳時代から栽培が始まりました。
水茄子は、不思議にも大阪泉州地域にしか収穫されません。地形は、海(大阪湾)
と山(葛城山系)
にはさまれたわずかな平地。土壌は水が豊富、砂地、数万年前は海底と言われています。

泉州の土質と水のおかげ
水茄子は乾燥連鎖を嫌います。それで昔から河川に近い水田付近で栽培されていました。 
それと和泉砂岩からできたこの辺りの土質を水茄子が好んだこともあります。
種や苗をいくら他の所へ持っていっても同じものができません。


20年ほど前はそれまでは泉州のどこの農家でもそうであったように、自家で食べる分だけを作られていたそうです。現在、ハウス栽培しているのは濃紫色の丸みをおびた巾着形。いわゆる絹皮茄子と呼ばれる品種です。
虫がつきやすくて青枯病連作障害が出やすい水茄子が、接木苗ハウスにより栽培しやすくなったものの、木の顔色を見ながら育てる苦労は今も変わらないようです。

〈水茄子の特徴〉
水茄子は柔らかく皮が薄くサッパリ感があり、くせのない味が特徴です。
また、、水茄子の名の由縁の通り、「みずもしたたる」ほど水分が豊富で、口にすると水があふれだすほどのみずみずしさがあります。果皮の柔らかさや果肉のみずみずしさを生かし、軽く塩でもんだ後、ぬか床漬けにすると、鮮やかな紫色に仕上がり、その味は絶品だそうです♪♪






●水茄子の炒め煮●
この料理、出来立ても美味しいですが、ご飯のおかずとしては冷めてからの方が味がなじんで美味しいらしいです。冷蔵庫で冷やしてからアツアツのご飯と食べると最高だそうです♪♪



材料(2人分)
・水茄子 2個
・ゴボウ天 2本


作り方
1、水茄子のカサの部分を切り落とし、まずタテに半分に切ります。それを約1僂慮さの短冊状に切ります。ゴボウ天は半分に切ります。

2、1で切った水茄子をフライパンに少し多めの油で、水茄子の白い部分がすこしキツネ色になるまで焦がさないように気をつけて炒めます。

3、鍋に炒めた水茄子とゴボウ天を入れ、ヒタヒタになるようにだしを入れて火にか けます。

4、煮立ってきたら酒、みりん、砂糖、濃い口醤油で手早く味付けします。
  最後に一味唐辛子を少し振りかけて出来上がりです。(少し甘目が美味しいそうです)

※だしが無い場合は、ちょっと贅沢ですがお酒をたっぷり使っても美味しく出来るそうです♪♪

 メイン画像

|
 
 グレープフルーツの切り方  
2011年03月26日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

今日はグレープフルーツ切り方についてご紹介します。

今回使用したグレープフルーツは2種類で王冠ルビーを使いました。

ルビー(レッドブラッシュ)
いわゆる「ピンクグレープフルーツ」といわれる品種で、果肉が赤みがかったピンク色をしていることから「ルビー」という名前がついたそうです。果皮は黄色〜オレンジで、一部が赤みがかっているものもあります。また、白肉のものに比べて酸味は控で、まろやかな甘が楽しめます。

王冠(ゴールデン・クラウン・グレープフルーツ)
最高級ブランドの産地、アメリカフロリダ州インデアンリバー地区で生産されています。フロリダの太陽を浴びて木成りの状態で充分に熟しています♪♪
今までにない甘さプリップリの果肉、たっぷりな果汁☆☆
なんと、平均糖度11度以上の厳選されたグレープフルーツです。



グレープフルーツの切り方のご紹介♪♪

1、まず最初にグレープフルーツを半分に切ります。

2、次に半分に切ったグレープフルーツを更に4等分していきます。
  最終的に全部で8等分していきましょう!!

  

 3、次に上の画像でも分かるようにグレープフルーツの上の部分の白い所を切り落としていきます。この時、グレープフルーツを寝かせながら切ったら切りやすかったです。

4、そうしましたら、食べやすい大きさに切り分けましょう♪♪

 

            〈ルビー〉                  〈王冠〉

  

|
 
 高級柑橘類・はまさき★☆  
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

今日は、高級柑橘類はまさき」についてご紹介します。

はまさきはここ4〜5年前から見かけるようになった柑橘です。
この柑橘は、清美オレンジアンコール密柑を掛け合わせ、さらにマーコットオレンジ交配した新品種です。

 

佐賀県の唐津地区松浦東部で栽培され、浜玉選果場で集荷されます。そこで、糖度・酸度が基準を満たし、外観の優れたものを選りすぐり、はまさきとして販売を行います。

出荷時期は月ぐらから開始され月ぐらい出荷のピークを向かえ、その月に出荷を終えます。

ですので、はまさきが気になる方はお早めに♪♪

 

見た目は、温州蜜柑にも似た感じがしますが、味覚は、まさにカクテルオレンジです。

はまさきの特徴は、中身・美味しにあります。果肉は、密度が高く重量感があり瑞々しく、とてもジュシーで甘いです

また、果肉を包んでいる内皮は、非常に薄く皮が口の中に残らないのが特徴です。


はまさきはギフト商品として販売されていますので、是非ギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか♪♪

喜ばれること間違いないです☆★

〈食べごろの見分け方〉

新鮮なうちに早めにお召し上がりください。酸味が強く感じる場合は、常温の涼しい場所で数日保管しますと酸味が和らいでくるそうです。

〈保存方法〉

 陽のあたらない涼しい場所に保管してください。



私も実際に食べさせて頂いたのですが、とても皮が簡単に剥け味も瑞瑞しくとても甘くて美味しかったです♪♪

皆さんも是非食べてみてください☆★

|
 
 さやえんどうのご紹介  
2011年03月17日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

今日は、一足早いですが4月〜6月が旬のさやえんどうについてご紹介します♪♪

        さやえんどう
 


さやえんどうの原産地中央アジアから中近東地域で、古代遺跡の発掘により、紀元前の新石器時代にすでに大麦や小麦とともに栽培されていたことが分かっているそうです。民族移動によりヨーロッパにも伝わり、古代ギリシャやローマ時代には栽培されていました。完熟した豆を食べる野菜でしたが、13世紀のフランスで、若い莢ごと食べるさやえんどうが生まれ、やがて莢の中の未熟な青い豆グリンピース)を利用する品種も生まれました。


日本には中国から渡来したさやえんどう。奈良時代には栽培されていましたが、さやえんどうを食べるようになったのは江戸時代かです。日本では同じ品種のものを収穫する時期をずらして、さやえんどうグリーンピース完熟豆として利用していたようです。明治になって欧米からそれぞれにあった品種が渡来し、全国各地で栽培される人気の野菜となりました。


さやえんどうはビタミン類が豊富で、緑黄色野菜に分類されます。豆の部分にはビタミンB1たんぱく質もあり、体の成長を促進し、集中力を高めてくれる必須アミノ酸のリジンも含まれています。体を目覚めさせたい春に、ピッタリの栄養補給源となる野菜のひとつですね♪♪




選び方のポイント●
・豆が小さく生育していない、薄いものが上質です。
・ヒゲが白くて、ピンとしているものがよい。
・大ぶりより小ぶりのものを選びましょう。
・緑色が鮮やかで、濃い色のものがよい。
・さやに張りがあり、折るとポキッとするものがよい。

よいさやえんどうの選び方



保存方法●
・乾燥に大変弱いので、ビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
 1〜2日以内に食べきるようにしましょう!!
・食べきれない場合は、固めにゆでて、冷凍保存しましょう。

さやえんどうの保存

|
 
 野菜ジュース  
2011年03月04日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

今日は冷え症に効果的なジュースの作り方・肌荒れに効果的なジュースの作り方をご紹介します♪♪

 

まず初めに冷え性に効果的なジュースの作り方をご紹介します!!

生姜
生姜には血行を良くし発刊作用が期待できます。
血行を促すビタミンCと一緒に摂ることで、その効果が高まります。
ビタミンCはシミの元になるメラニンを抑えてくれるので、夏場は積極的に摂りましょう。 

人参
人参はミネラルビタミン繊維質などの栄養素を豊富に持っています。
東洋医学では、内臓を温め血を補う働きがあるといわれています。
人参は鉄分も多く、貧血予防造血作用が期待でき、血行をよくする働きがあるので、冷え性体質低体温の人にピッタリの野菜といえます♪♪

 

りんごと人参のジンジャージュース

材料(2〜3人分)
・りんご         2個
・人参         1/2本
・生姜         1/2片
・無糖ヨーグルト   大3
・はちみつ       大1
・水           150cc
・氷           お好みで

作り方
1、りんごと人参は皮をむき、ミキサーにかけやすい大きさに切る。
  生姜はすりおろしておく。

2、ミキサーに人参とりんごを入れ、形がなくなるまで撹拌する。
  (混ざりにくい時は、少量の水をいれる)

3、残りの材料を全て入れ、再度撹拌したら出来上がり♪♪

                               メイン画像

 

 

次に肌荒れに効果的なジュースの作り方をご紹介します。

れんこん
れんこんに含まれるビタミンC食物繊維が、コラーゲンの精製に働き便秘を解消するのに効果的です。
れんこんは、ビタミンミネラルが豊富な野菜です。
特に、ビタミンCが多く含まれ、疲労回復風邪の予防に効果的です。

 

レンコンジュース

材料(1人分)
・レンコン         40〜50g
・みかん         1個
・生姜のすりおろし   適量
・メープルシロップ    適量

作り方
1、レンコンとみかんは皮を剥いておきます。

2、材料を全てミキサーに入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせます。

3、水分が足りないようなら水を足すのが良いそうです。

                         メイン画像

|
1