里芋のご紹介☆★  
2011年12月29日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今回はそろそろ今年も終わり新年がやってくるということで、おせち料理や色々な料理に用いられる、里芋についてご紹介しようと思います。

 


《里芋》


里芋の歴史
原産地は東南アジア地方で、日本へは稲作栽培よりも早く縄文時代に伝わったといわれています。山ではなく里で栽培されていたことからさといも』と呼ばれるようになりました。
昔は芋と言えば里芋でした。里芋は親芋子芋、さらに孫芋とたくさんの芋がつくことから子孫繁栄の象徴として、お正月行事などの料理によく使われています。




里芋の選び方・保存方法

 

泥付き皮に適度に湿り気があり、丸く太ったもの、持った時にずっしり重く指で押しても硬いものが新鮮です。里芋は乾燥に弱いので、乾燥して古くなると表面がひび割れたりします。ひび割れたものは避けましょう。
保存するときは、湿らせた新聞紙で包むか紙袋などに入れ、風通しのよい室内で保存しましょう。低温・乾燥に弱いので冷蔵庫には入れないでください!!!




里芋の栄養・効能

主成分はでんぷんたんぱく質で、食物繊維ビタミンB1ビタミンB2カリウムを含んでいます。なかでも食物繊維の一種であるガラクタンは、脳細胞を活性化させ、老化ボケを防止し、血圧コレステロールを下げる効果があります。里芋のヌルヌルの素でもあるムチンには、肝臓丈夫にしたり胃腸の表面を保護し胃潰瘍腸炎を予防する効果があります。こういったヌルヌル成分や食物繊維を多く含む里芋は、腸を整え便秘の改善にとても効果があります。 


ビタミンB12は、代謝に関わっており、低カロリーな里芋はダイエットにもおすすめです。カリウムは芋類のなかでも比較的多く、余分な塩分を排出し、むくみ高血圧の改善に効果があります。主成分であるでんぷんに包まれたカリウムは熱による損失が少なく、汁物などでいただくのがおすすめです。





     調理のコツ☆

◆ぬめりがあるので注意して切ります◆
里芋には独特のぬめりがあるので皮をむくときは注意が必要です。まず皮についた土をタワシでこすりながら洗い流し、水気をきってしばらくおきます。表面 が乾いてから皮をむくとむきやすくなります。よく使う六方むきは、里芋の上下を切り落とし、六面になるように上から下へ皮をむきます。指に塩をつけるとすべりにくくなります。

◆里芋のかゆみは酢水で防ぐ◆
里芋の皮に近い部分には、山芋と同じシュウ酸カルシウムの針のような結晶があり、これが手に刺さることで、かゆみを引き起こします。手で扱うときは、酢水をつけるとかゆみをある程度防ぐことができます。もし、かゆくなっても水で洗えば大丈夫です。 

◆里いもは水から茹でる◆
里芋を煮る場合は、水から茹でます。沸騰している中に入れると表面 に近いほうが早く煮え、荷崩れしやすいばかりか、中に芯が残る場合があるからです。また、独特のぬめりは、含め煮などの場合に味の含みを悪くしてしまうので、塩などでもんでぬめりを取ってから調理することが多いです。ただし、ぬめりには栄養成分が多く含まれているので、味をとるか栄養をとるかは、好みや状況に応じて選んでください。



今回はおせち料理の中に入っている“里芋の白煮”の作り方をご紹介します。


里芋の白煮



材料

里芋      400g

○だし     2カップ

○薄口醤油   大さじ1

○みりん    大さじ11/2

○砂糖     大さじ1

○天然塩    小さじ1/2


作り方

1、六角形に皮を剥きます。

2、酢入りの水で5分茹でて、水で洗ってぬめりを取ります。

3、○の調味料で、柔らかくなるまで弱めの中火で煮たら完成です。

|
 
 ラ・フランスのご紹介♪♪  
2011年12月24日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今回は西洋梨のラ・フランス”について調べてみました。




ラ・フランスって??

ラ・フランスはその名の通り、フランスで生まれた西洋梨の一種なのですが、見た目にはお世辞にもきれいな果実とは言いにくい、ごつごつとした無骨な姿をしており、誰もがぱっと一目ぼれしてしまうような果物ではありません。

 

さらに、ラ・フランスは「もぎたてが一番おいしい」果物ではないのです。収穫直後ラ・フランスを食べてみても、固く、ほとんど味も香りもありません。それこそ青首大根を生でかじったほうが甘いかもしれないという状態です。
実はラ・フランスには「追熟期間」(収穫後に熟度を進める)が必要なのです。触ってみて耳たぶ」くらいのやわらかさになったころが食べ頃、「完熟」です。



●ラ・フランスの姿に幻滅した人も、一度実際に「完熟したラ・フランス」を食べた後は、その評価を一変してしまうこと請け合いです。豊かな香り、くどさを感じさせない濃厚な甘み、シルクのような舌触り、他の西洋梨とは一線を画する果物、それがラ・フランスなのです。



●この果物の加工品として、いろいろな缶詰やお菓子等が作られていますが、ラ・フランスの香りと舌ざわりを楽しむにはなんといっても「」で食べるのが一番です。あなたもぜひ一度「完熟したラ・フランス」をお試し下さい。




ラ・フランスの歴史

西洋なしは、16世紀頃からドイツ、イギリスで栽培され始めます。18世紀のイギリスで西洋なしの代表的な品種であるバートレットが発見され、日本へは、明治の初めにはいりました。バートレットは、その後、缶詰加工用を中心に盛んに栽培されるようになります。そのバートレットの実を結ぶ確立を高めるための受粉樹として植えられていたのがラ・フランです。

ラ・フランスは1864年、フランスのクロード・ブランシュ氏が発見しました。

ラ・フランスのあまりのおいしさに「我が国を代表するにふさわしい果物である」と称えたことから「ラ・フランス」という名前がついたと言われてます。
日本には明治36年に入りました。
しかし、見た目が悪いことと栽培に手間がかかることから受粉樹として栽培されてきました。それが、昭和40年代頃から缶詰よりも生のフルーツへと需要が移り、生食用の決め手としてラ・フランスのおいしさが注目されたのです。

ラ・フランスは別名「バターペア」と呼ばれ、特有の芳香と、果汁がしたたるち密な肉質は、まさに西洋なしの最高峰です。ラ・フランスは、西洋なしの中でも一番開花が早い方で、実になるまで長い期間を要します。生育期間が長ければその分手間がかかりますし、病害虫や台風の影響も受けやすいのです。故郷のフランスで栽培されなくなったのもこのためです。

しかし、フランスから遠く離れた日本で、生産者の熱意と消費者のニーズがうまく結ばれ大きく花開いたのです。




ラ・フランスの効能

ラ・フランスに多く含まれる果糖ぶどう糖は、身体や脳の働きを助ける大切なエネルギー源となります。果肉が持つ豊富な水分は、髪の毛や肌、爪などに潤いを与え、 身体にたまった過剰な熱を冷まし、喉や気管を潤し、咳や扁桃腺などの 痛みや糖尿病による喉の渇きを抑え、不足した体液を補う大切な役目を果たします。

ラフランスの水冷機能は、
のぼ頭痛を伴う本能性高血圧の血圧を下げる効果があると言われています。また、ラフランスはタンパク質分解酵素を含むので、 脂っこい食事の後に召し上がると消化を助けてくれます。ラフランスはビタミンBビタミンCをたっぷり含んでおり、体力回復に有効です。

ラフランスにも多く含まれている食物繊維は、 便秘予防の効果があるので、お肌の健康にもいいと言われています。

柔らかくなると歯の悪い方にも召し上がって頂けますので、介護食にも取り入れられています。




今回はクリスマスも近いということで、ラ・フランスを使ったケーキをご紹介します。
ラ・フランスのしっとりケーキ


材料( 15cm×15cmの角型)

バター            80g

砂糖             80g

卵              L1

○薄力粉           100g

○ベーキングパウダー    小さじ1/2

○アーモンドプードル    30g

○シナモン         小さじ1からお好み

バニラエッセンス少々
■ ★ラフランスの白ワイン煮

☆ラフランス     1〜2個

☆砂糖        大さじ2

☆白ワイン      1/2カップ



作り方

1、☆印の材料を小鍋に入れて、洋梨の白ワイン煮を作ります。

2、○印の材料は合わせてふるっておきます。オーブンは180度で余熱しておきましょう。

3、やわらかくしたバターに砂糖を3回くらいに分けて混ぜていきます。白っぽくなるまで混ぜ合わせましょう。

4、3に溶いた卵を少しずつ加えてよく混ぜます。

5、4に2の粉類を加えてさっくりと混ぜ、粉っぽさがまだあるな、というところでラフランスのワイン煮を入れます。

6、練らない程度に混ぜ終わったら、型に流し込み、180度のオーブンで4050分様子を見ながら焼きます。

7、食べるのは翌日からがしっとり落ち着いていておススメだそうです

濃い目のコーヒーと相性が抜群だそうです★☆

|
 
 愛宕梨(あたごなし)のご紹介  
2011年12月21日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今回は梨の品種の中で一番大きいと言われている愛宕梨あたごなし)についてご紹介します。


↑愛宕梨(あたごなし)とキウイフルーツです。分かりにくいですが、キウイフルーツ3個分位の大きさです!!!



愛宕梨(あたごなし)とは??

愛宕梨あたごなし)は、梨の中でも日本一大きいとされる品種の梨で、新高梨(にいたかなし)と共に非常に大きくて甘い、高級な梨として知られています。東京の愛宕山付近で育成されていたことからその名が付けられたとされ、その誕生の起源は、一般には二十世紀梨今村秋梨自然交配によって出来たと言われています。その後、岡山県での栽培が盛んとなり、幾度の改良が重ねられ、現在では岡山県の特産品の1となっています。





愛宕梨(あたごなし)の特徴

愛宕梨あたごなし)の特徴はその大きさでしょう。直径で15cm程度重で500g以上と、「二十世紀」や「長十郎」などの普通の梨の数倍の大きさです。その大きさのため、果実が枝を支えきれず、棚が必要となります。

その他の特徴として、その大きさから想像されるような大味ではなく、サクサクとした歯触りがあり、味は甘く非常にジューシーなのが特徴です。追加熟成すると香り甘味とも一層深まり、美味さも格段にあがります。




愛宕梨(あたごなし)の食べ頃

愛宕梨あたごなし)は日持ちも良く、冷暗所に置いておけば1ヶ月程度は持ちます。しかし、その間も少しずつ熟成が進みますので注意をした方がよいでしょう。熟成の進んだ愛宕梨(あたごなし)はメロンのような香りで、非常にコクのある味となります。




今回はクリスマスも近いということで、愛宕梨あたごなし)を使ったケーキの作り方をご紹介します♪♪


愛宕梨(あたごなし)ケーキ

材料(4人分)

・愛宕梨(あたごなし)  りんご2個分約500

・たまご         2個

・三温糖         100g

・バタ―&マ−ガリン   溶かしたもの80g

・薄力粉         200g

・ベ―キングパウダ―   小さじ1

・レ―ズン        50g

・シナモンパウダ―    少々


作り方

1、愛宕梨(あたごなし)は皮をむき、りんごのケ―キのときの様に5mmくらいのイチョウ切りにし水に浸しておきます。

2、バタ―&マ―ガリンを溶かしておきます。

3、三温糖とたまごをもったりするくらいまで混ぜます。レ―ズンは軽く水洗いし、水気を切っておきます。

4、薄力粉とベ―キングパウダ―をふるい、梨を水から上げ水気を切っておきます。オ―ブンを170℃に温めておきます。

5、準備した材料を全て混ぜ合わせシナモンパウダ―を入れます。混ぜ合わせる時、白い粉が見えなくなったら大丈夫です。

6、オ―ブンの角皿にクッキングシ―トを敷き、混ぜ合わせた材料を平らにならします。170℃のオ―ブンで30分焼いて出来上がりです。

7出来上がったら適当な大きさにカットして召し上がって下さい。

|
 
 海老芋のご紹介♪♪  
2011年12月19日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今日は里芋の仲間の“海老芋”をご紹介します♪



海老芋とは??

海老芋は、サトイモの品種のひとつです。京芋きょういも)とも呼ばれています。京都府を中心に、主として近畿地方で消費されているそうです。

反り返えった紡錐方形で、表面にある黒い横縞とあわせてエビのように見えることが名前の由来とされています。




★海老芋の特徴★

海老芋は、粘り気に富みよく締まった粉質の肉質、優れた風味と少しの甘みがあり、煮ても煮崩れせず、色も変化しない点が挙げられます。このため、一般的なサトイモとは違って高級食材として扱われています。海老芋を使った料理として有名なものに京料理芋棒があり、他にも島根県の津和野町では海老芋を使った芋煮が郷土料理として作られているそうです。

このほか、親から子へ次々と増えて成長することから縁起物としても重用されています。

海老芋の中にも種類があり、茎が赤いものを唐芋本海老)」、茎が青いもの(黄緑色のもの)を「女芋」と呼ぶそうです。






★海老芋の効能★

・サトイモ科の作物の主成分は糖質とたんぱく質で、腸内吸収率が高く穀類のでんぷんとは違う性質を持っています。
・脂肪の燃焼に必要なビタミンB2が多く、カロリーも低いので、ダイエットには最適な食材と言えます。
・塩分(ナトリウム)の排泄効果があるカリウムが、ジャガイモよりも豊富なので、高血圧が気になる方の栄養補給にも適しています。

また、サトイモ科独特の「ヌメリ」の正体は、ムチンという解毒作用のある酵素で、肝臓腎臓を丈夫にし、老化防止に役立つと言われています。






★海老芋の保存方法★

海老芋を含めサトイモ科の作物は、土を落としてしまうと、乾燥して品質の低下が早まるので、土がついたまま冷暗所に保存します。あまり低温になると、品質低下につながるので、冷蔵庫には入れないようにしましょう。

スーパーなどで土を落としたものを購入した場合は、濡れた新聞紙で包んで、乾燥を防ぎましょう。





今回は芋棒という、海老芋を使ったレシピをご紹介します♪♪

芋棒



材料

・海老芋     2個
・棒だら     4×5cmくらいのを5切れ程度
・水       5カップ程度
・昆布      10cm四方程度
・酒       2/3カップ
・砂糖      3/4カップ
・薄口しょうゆ  1と3/4カップ
・削り節     適量



作り方

1.棒だらは水でもどし、適当なサイズに切った後、洗ってゆがきます。その後ゆっくり冷ましてゆで汁を捨てます。
2.海老芋は皮をむいて柔らかくゆでておきます。
3.水と昆布を10強、火にかけます。
4.3に1と2・酒・砂糖・しょうゆ・削り節を入れ、落としぶたをして煮ます。

(強火30分。弱火2時間)

|
 
 もやしのご紹介♪♪  
2011年12月12日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今回は低カロリーでシャキシャキした歯ごたえが人気の、“もやし”についてご紹介します♪♪

もやし

もやしの歴史

もやしはもともとは中国やインドネシア、ミャンマーなどで食べられていたのが日本に伝わったといわれますが、原産地や日本への伝播の経路などについては、はっきりとしていません。
江戸時代には各地でもやしが栽培されていたようですが、もやしが一般人に食べられるようになったのは、明治時代の末頃でした。




もやしとは??

穀類野菜牧草などの種子を暗所で人為的に発芽させたものです。ダイズリョクトウブラックマッペ(ケツルアズキ)ダイコンアルファルファソバなどのもやしがあります。また最近は、スプラウトの名で流通しているブロッコリーやクレス(ウォータークレス)などのもやしもありますが、単にもやしといえば、一般にはダイズブラックマッペリョクトウなどの豆を用いたものをさすことが多いです。

豆もやは、豆に吸水させたあと、2730℃の暗所で発芽させ、水分を補給しながら芽を伸ばし、数日で収穫します。季節を問わず一年中つくられています。シャリシャリした歯ざわりがよいので、ゆでたり炒めたりするときには加熱しすぎないようにしましょう。油炒め、からし酢やゴマ酢などの和え物鍋物中華そばの具みそ汁の具などと相性がいいでしょう。




もやしの選び方
全体に白く、根の透明感のあるものを

もやしは鮮度が命です。全体に白っぽくて茎が太く折れていないもの、根がパリッとして透明感のあるものが新鮮です。芽や根が褐変して、しおれているものは古く、豆が開いているものは栽培しすぎです。水につけて売られているものや袋の中の水が濁っているものは避け、豆の形がくっきり出るくらいきちんと真空パックされたものを選びましょう。




もやしの保存方法

買ってきたら、その日のうちに使いきって
もやしは日持ちが悪いので保存には適さず、真空パックのものでも冷蔵庫で1〜2日が限度です。買ってきたらその日のうちに使いきるのがベストです。

もしも残ってしまったら、さっとゆでて水気をよくきり、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しますが、翌日には食べきることです。安いからとまとめ買いせずに必要な分だけ買い求めましょう。




もやしの栄養価

もやしは、豆を発芽させることによって豆のときにはなかったビタミンCが生成されるほか、肥満動脈硬化の予防に効果のあるビタミンB2が、豆のときの約3倍に増えます。また、食物繊維が豊富で豆よりも吸収されやすいタンパク質やカルシウム、鉄分も多く含まれます。低カロリーなので欧米ではダイエット食品として注目されています。





今回はもやしを使った簡単レシピをご紹介します♪♪

もやしとカニカマサラダ


材料(2人分)
・もやし(太もやし)  1袋

・カニカマ       40グラム〜好みの量

・マヨネーズ      好みの量

・あらびき黒こしょう  好みの量(多めはつまみ向き)



作り方
1
、鍋にお湯を沸かし、もやしをさっと茹で水を切っておきます。

2、カニカマをさいておきます。

3、ボールにもやし、カニカマ、マヨネーズ、あらびき黒こしょうを入れて混ぜます。

4、器に盛ったら完成です★★

|
 
 ゴールドラッシュのご紹介♪♪  
2011年12月07日
 

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今回はとうもろこしの品種“ゴールドラッシ”をご紹介したいと思います。



ゴールドラッシュの特徴

ゴールドラッシュの特徴は質のよい甘さと、穂の全体に並んだ黄金色の粒。そして今までになかった粒皮のやわらかさにあります。その粒皮の柔らかさは生でも食べられるほどです。

大きな穂にならぶ黄色い実は、見た目にもずっしりとしており、葉色も彩のよい緑をしていて、まさしく「とうもろこし」といった感じを受けるでしょう。




ゴールドラッシュの食感・味

食感
もともとは「皮がやわらかいとうもろこし」を目標として作られた品種でした。研究に研究をかさね、開発は完成までに10年もかかったといわれます。その粒皮は、生で食べられるほどに軟らかいものです。歯に引っかかりにくく、粒皮だけが口に中に残ったりすることもほとんどありません
粒は大きくジューシーで、食感はプチプチとしており、まるごとかじりつけばおいしさが口いっぱいに広がります。実もやわらかく、シャキっとしたみずみずしさがあり、実と粒皮のやわらかさのバランスがいいトウモロコシです。やわらかい皮は消化にも良いので、おやつなどにもちょうどいいでしょう。






ゴールドラッシが追求した味は「とうもろこしのおいしさ」といわれており、質の高いさわやかな甘みがあります。自然の甘さがいっぱいに詰まったその味は、今までのとうもろこしよりと比べても、高品質で極上といわれています。

また、とてもやわらかい粒皮もその味を引き立たせます。やわらかい粒皮は口の中に残りにくく、その為すっきりとした後味をもっています。




美味しい召し上がり方

ゴールドラッシュは極めて皮粒が柔らかいので、生でも食べることができます。食べる際は、ぜひとも一度生で食べて頂きたいと思います。初めて食べる方は、その甘さに驚くことでしょう。

もちろん、茹でて食べてもたいへんおいしいとうもろこしです。ゆでて食べる時は、時間は78分くらいが目安です。とうもろこしを茹でる際は、たくさんのとうもろこしを一度に茹でるのが美味しく茹でるコツです。

また、ご自宅で簡単なのが電子レンジでの調理です。塩を振ってラップにくるみ(もしくは、薄皮をのこしてくるむのもいいです。)34分くらい加熱すれば、おいしいとうもろこしが頂けます。

質の高い甘さをもっていますので、料理に加えて食べてもその効果を発揮します。ラーメンやサラダなどに入れても、きれいな黄色は見た目にも美しく、料理の美味しさをいっそう引き上げることでしょう。



|
1