ラッキョウの色々な食べ方

もうすぐで夏です。

夏が旬の食べ物のひとつにラッキョウがあります。夏になるとスーパーなどでは、ラッキョウの酢漬けをするための材料が並びますね。

 

ラッキョウには、血液をサラサラにする効果があり、今ドロドロ血液が問題視されている中で大変注目をされていまうす。

またラッキョウには玉葱やニラなどに含まれるアリシンという栄養素が含まれています。アリシンは、ビタミンB1の吸収を助けます。ビタミンB1を多く含む食材は、ウナギや豚肉、枝豆、玄米や大豆など様々な食品があります。しかし水に流れやすく熱に弱いという弱点がありますですから、ビタミンB1を多く含む食材とアリシンを多く含む食材の食べ合わせが大変に効果的なのです。

ラッキョウは酢漬けにしてして食べるのが一般的ですよね。これからの季節、ラッキョウの酢漬けは疲労回復や食欲増進にもってこいです!

ラッキョウの酢漬けももちろんおいしいのですが、毎日食べていては飽きてしまいます。

ラッキョウはあまり加工して食べるという発想があまりなかったのですが、様々な食べ方をみなさんされているようですね。

その内のほんの一部ですが、とっても簡単でとっても美味しい加工方法をご紹介します。

その1、生ラッキョウを味噌に焼酎を少し入れたものに漬け込んで・・・食べる

その2、大葉とサーモンをラッキョウに巻いて・・・食べる

その3、トマトにみじん切りしたラッキョウを乗せて・・・食べる

その4、明太子とブラックペッパーとマヨネーズをラッキョウと混ぜ合わせて・・・食べる

その5.てんぷら粉の中に青海苔を混ぜ、のりを巻いたラッキョウを揚げて・・・食べる

アイディア次第で色んなラッキョウの美味しい食べ方があるんですね!

とっても簡単なのがまたいいです♪手間要らず。

これを見ていたら、案外何にでラッキョウって合うのが分かります。

皆さんもいろいろなアイディアで、ラッキョウを美味しく召し上がってください♪

 



投稿者: 古昌商店 日時: 2008年05月29日 15:12
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /48

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)