梅を漬けました

先日梅を会社で漬けました。

手順をご紹介します!

〜梅酢〜

,泙困惑澆鱚採錣棒います。

⊃綉い鬚佞取り、なり口のホシを一粒一粒、取り除く。

A瓦銅茲蟒けたら、梅→塩→梅→塩の順に容器に入れて行き、最後に余った塩は全部入れちゃって下さい。

ちなみにわが社では、塩分20%、18%、15%の3種類の梅を漬けることにしました。

このまま1〜2日すると、梅酢があがってきます。

梅酢とは塩漬けにしたときに梅から出る酸味の強い汁のこと。

↓こんな感じ↓

それから、梅酢に浸かった梅を取り出し↓

3日3晩、天日干しにします。

一粒一粒たまに裏返して、日が万遍無く当たるようにしましょう↓地道な作業です!

   梅5kg:塩1kgの塩分20%       梅5kg:塩900gの塩分18%       梅4kg:塩600gの塩分15%

和歌山県などでは、この状態でもう食べちゃうそうです

この状態で、我が社でも梅の香りがとっても広がっていました♪

香りだけで満足しちゃいそうなくらい、いい香り!

 

3日3晩干せたら、いよいよ本格的に梅を漬けることができます。

〜シソ〜

.轡修陵佞鬚發取ります。少々の茎が混じっていても構いません。

▲轡修陵佞鬘嬰擔紊農い流し、塩をもみ込み、よく洗い流す。

よく絞る

1度目にシソを洗うと青黒い色の汁が出てきます。

塩でもむことで、鮮やかな色を出すことが可能♪

すると紫色の鮮やかな汁が出てきます。

しかし、このときによく洗い流さなければ、塩分が変わってしまうので注意です!!

                       

洗い終えたら、漬けていきましょう。

〜梅漬け〜

’→シソ→梅→シソの順に容器の中に入れて行く。

△△っていた梅酢を入れる。

重しをする。

あとは出来上がりを待つだけ★

梅酢は20%のものは塩が底に残っていましたよ!

大体1容器の梅に対して5束分のシソの葉を使いました。

シソの葉ってたーくさんあるように見えても、水を含んだら、しぼんでしまいます。

10束で足りるだろうと思っていたところ足りず・・・しかしさすが我が社は市場!

我が社からシソをもう10束買いました。

本当は5束で良かったので、もう5束余ってしまい・・・

そこで社長が80歳のお友達、ヒロコちゃんに相談したところ、いい使い道を教えてもらえました!

次回アップしますのでお楽しみに★


投稿者: 古昌商店 日時: 2008年07月15日 16:01
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /72

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)