ヒバゴンの知恵袋のシシリアンルージュ

シシリアンルージュ。

その美味しさゆえに巷でも人気沸騰中ですね☆

シシリアンルージュはイタリアのシシリア島南部のパッキーノ地方で育種開発されました。

パッキーノ地方は世界的にも美味しいトマトの産地として有名です。

日本では2006年より導入され、栽培し始められましたが、まだまだ生産量は少ないよう。。

しかし、この度広島で初のシシリアンルージュの栽培を始められたとのこと。

社長が訪ねて来ました!

NPO法人「ヒバゴンの知恵袋」という名の団体が所属している、その場所は広島の庄原市西城町。

前田さんという方を筆頭に若い力で頑張られています!

こちらが前田さん↓笑顔が素敵です☆

約180平方メートルの土地の中にハウスは全部で11棟あり、

そのうちの2棟シシリアンルージュのもの。

日本人1人が1年に消費するトマトの量は5.5kg

これは1日にするとミニトマトたったの1個分しかありません。

トマト消費量世界1位を誇るギリシャ人1人が消費するトマトの量は140kg

これは1日に大きなトマト2個分となり、日本の25倍も消費しています。

世界1位とまでいかなくても、世界でのトマトの消費率は年間40〜70kg平均です。

この結果を見ても、日本のトマトの消費率は格段に少ないことが分かりますね。

しかし韓国ではトマトがどれだけ体にいいかが広まってからは消費率がグングンあがっているそうですよ!

3年前は日本と変わりない消費率だったのが、その凄さが知れ渡り、今では消費率年間9kgにまで。

他国の平均消費率に追いつくのも時間の問題かもしれません。

 

トマトの効果↓

リコピンという細胞のガンを防ぐ遺伝子を活性化する栄養が多く含まれています。

リコピンの強い抗酸化作用はビタミンEの100倍ベータカロチンの2倍も強いことも明らかになりました。

また動脈硬化を引き起こすLDLコレステロールの酸化を抑制するので動脈硬化症の予防。

そしてメラニンの生成を促す物質の発生を抑制するので、美白効果も期待できます。


みんなでもっともっとトマトを食べましょう!

トマトが苦手な方でもシシリアンルージュなら行ける可能性大♪

本当に甘くて美味しいですから!

トマト嫌いな人は別の食べ物だと思ってシシリアンルージュを一度お試しください!

「ヒバゴンの知恵袋」の皆さん、

これからも応援しているので頑張って美味しいトマトをたくさん生産してくださいね

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2008年07月24日 15:54
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /75

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)