じゃがいもの最適な調理方法をご紹介

こんにちは。

広島、中央市場の古昌商店です。

先日もお伝えした通り、ジャガイモには大きく分類して3つの種類のジャガイモがあります。

本日はどのジャガイモが、どんな調理方法に適しているのかをご紹介します。

 

まずは★ダンシャク★

基本的には何にでも合う万能なジャガイモです。

特にほくほくした食感がおいしいジャガイモなので、それを生かしたお料理に最も適していると言えるでしょう。

ex...コロッケ・ポテトサラダ・粉ふきイモなど。

 

次に★メークイーン★

煮崩れしにくいので、煮物に向いています。

揚げ物には向きません。焦げて茶色くなってしまいます。

ex...肉じゃが・シチュー・カレーなど。

 

最後に★新じゃが★

皮ごと素揚げにして、塩やバターを付けて食べるジャがバターは新じゃがならではの味わい方。

他のジャガイモに比べて水水しい秘密は、皮の周辺にあります。

だから極力は、丁寧に洗った上で皮ごと食べるようにしましょう。

ex...ジャがバター・おでんなど。

▲じゃがバター 


投稿者: 古昌商店 日時: 2008年10月15日 16:05
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /106

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)