美味しいきんぴらごぼうのレシピ

こんにちは。

広島、西区の中央市場、古昌商店です。

本日は食物繊維たっぷり!糖尿病やそ動脈硬化の予防にもなる、ゴボウさんのレシピをご紹介。

今回はゴボウ料理の王様、

★きんぴらごぼう★

1.ゴボウ2本人参半分を洗い、千切にし、水につけてアクを抜きます。

2.,凌融欧肇乾椒Δ凌綉い鬚茲切ったら大さじ1.5のサラダ油を熱したフライパンで強火で炒めます。

3.種を抜いた鷹の爪を1本細かく切って、一緒に△シナっとなるまで炒めます。

4.さらに砂糖・みりん・醤油を大さじ2ずつ加え、水気がなくなるまで炒めたら出来上がり!

 

ゴボウの香りも旨みも、に含まれています。

ですので、皮は剥くのではなく包丁の背でこそぎ落とすようにした方が良いです。

また、切ったらすぐに水につけるようにしなくてはなりません。

これは、ゴボウはアクが強く、空気に触れるとすぐに変色してしまうため

しかし、鉄分やミネラルなどの栄養・風味共に逃げてしまうので、5分以上さらしすぎないよう注意

ちなみに初夏に出回る新ゴボウは水にさらさなくても大丈夫です。


投稿者: 古昌商店 日時: 2008年12月03日 15:26
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /130

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)