銀杏の栄養

こんにちは。

広島、中央市場の青果塔の古昌商店です。

今朝、会社に向かおうと車を見たら、車に雪が積もっていました。

寒いですねぇ・・・2月ってもっと寒いんだろうな。

個人的に雪自体は好きなんですけど、どうも雪の日にはイヤなことが身に起こりやすいので嫌いです。

けど今日は今の所、無事に時が過ぎております。

 

先日からお伝えしている銀杏

食べすぎ禁物の銀杏ですが、量を守れば栄養もきちんと取れます。

銀杏に含まれている栄養素は主に、たんぱく質・脂質・糖質他、ビタミン、鉄、カリウムなど。

銀杏による効果は様々。

まず、高齢者や冷え性の方に多い頻尿、また高血圧も予防してくれます。

また、昔から漢方でも咳止めやぜんそくの治療に銀杏が用いられてきました。

ボケの防止にも効果がある、と言われています。

栄養素ではないのですが、銀杏の葉には防虫効果もあるので、本の間やタンスに入れておくと防虫効果もありますよ。

秋になると、銀杏の実が落ちていることがあると思いますが、決して素手では拾わないように!

荒れてしまいますので、必ず手袋をするなど、素手で触らないでいいように工夫しましょう。

拾った銀杏は水で良く洗い、良く乾かして薄い黄色がかった白の種が出てきたらOK♪

今年の秋・・・まだまだですが、銀杏がたくさん落ちているところがある際には上記を参考にしてください!

黄色いイチョウ

▲銀杏の葉

 

 

 

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2009年01月13日 15:46
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /137

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)