高知県産●香酸柑橘類●

こんにちは。

広島、中央市場の古昌商店です。

「ビジネスフェア中四国2009」

あまり時間が無かったのでバ〜っとしか見れなかったのですが、その中でも目に付いたのはこちら↓

高知県産の香酸柑橘類。

香酸柑橘類と普通の柑橘類の違いは一体何なんでしょう?

実は香酸柑橘類、生で食べるのには、あまり向いていない柑橘類のことを指します。

代表的なものではレモン柚子すだちなどで、みかんなどと比べると香りや酸味の強いものです。

香酸柑橘類は別名で「酢みかん」とも言われ、高知県の家庭では、食材として頻繁に使わています。

 

高知県食品工業団地事業協同組合さんのブース

香酸柑橘類と一言に言えど種類はたくさん!

上記以外にも色んな香酸柑橘類、あります。

 上記のものを簡単に説明すると・・・

「直七」酸味が少なめで、まろやか

「ブシュカン」酸味が強く、香りも強い

「花柚」柚子と同じような用途に使われますが、香りは柚子より若干弱め

「柚子」→江戸時代より、既に調味料として使われていた、言わずと知れた香酸柑橘類の代表格☆

柑橘類はビタミンCやカリウムが豊富☆

主な効用としては、老化防止高血圧や癌の予防に加え、美容効果も期待できちゃいます♪

ちなみに私、柚子こしょう大好きなので、次回レシピアップしま〜す!

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2009年02月27日 15:14
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /152

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)