梅干しができたワケ&漬け方

こんにちは。

広島、中央市場の古昌商店です。

今日は

の歴史についてです。

 

梅は東アジアのみ生息し、原産地は色々な説があるものの、中国が有力とされています。

 

今から1500年前に薬用の「鳥梅(ウバイ)」として日本に渡来。

「鳥梅」は未熟な青梅を燻製して黒くなったもので「熱を下げ、下痢や口の渇き、タンを止める」とされていました。

 

鳥梅は現在でも漢方薬の原料に使われています。

 

渡来後の平安時代には、梅の実を、桃やびわ、梨などと同じように生菓子として食べられていました。

 

しかし、その効用から期保存が望まれるようになり、塩漬けした「梅干し」が生まれたのです。

梅干しの漬け方は

以前の「梅を漬けました」ブログをご参考に♪

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2009年06月25日 15:14
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /175

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)