梅雨って漢字はなぜ「梅」??

皆さん、こんにちは。

 

広島、中央市場の古昌商店です。

 

梅雨のはずなのに、晴れた日が続きます。

 

 

 

青果物を扱っている古昌商店としては、作物への影響が気になるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言えば、梅雨って「梅」という漢字を使いますが、何でだと思いますか?

 

 

 

それは、梅の原産国とされている中国で、

 

梅を収穫するときに振る雨のことを「梅雨」と呼び、

 

 

 

それが日本にも伝来してきた、という一説があるそう。

 

 

 

私的に有力そう(∴◎∀◎∴) 何となく!

 

 

 

今の時期が1年に1度の青梅を収穫できる時期。

 

 

 

梅雨入りしたくらいから通常は7月上旬までが旬です。

 

 

 

しかし、この天気だから、どうかな?

 

 

 

梅は青い内に収穫しなければ、熟して色づき始めてしまいます。

 

 

 

ちなみに()<熟したからって勝手に梅干にはなりません

 

 

 

たまに間違って認識されてる方もいますので、一応言っておきます。。

 

 

 

梅って、とっても簡単にアレンジできちゃって、美味しい♪♪

 

 

 

↓↓下記過去のブログ参照↓↓

 

 

 

梅味噌ドレッシング

 

 

 

梅シロップ

 

 

 

梅干

 

 

 

梅シロップなんかは、お取引先のバイヤーさんにとっても好評でしたよ!

 

 

 

何と言っても、簡単簡単ですからね(・о・)

 

チャレンジしてみてください!!

 

 

 

 

 

 

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2009年06月27日 16:13
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /176

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)