万願寺とうがらし

こんにちは。


広島、中央市場の古昌商店です。 

 

今朝、めざましテレビで

万願寺(まんがんじ)とうがらし


のことが紹介されていました。

 

古昌でも取り扱っていますよ!万願寺とうがらし


▲万願寺とうがらし

 

 

 

 

 

一見、ししとうにも見えますが、とっても大きい!!

 

京野菜の一つである「伏見とうがらし

大型ピーマン「カリフォルニア・ワンダー

 

この二つを交雑して出来たのが、この「万願寺とうがらし」と言うわけです。

京都・舞鶴市内の万願寺地域が発祥の列記とした京野菜の一つ。

これが大正時代の話です。

 その大きさから「唐辛子の王様」とも呼ばれています。

 

 

 

 

 

しかし、これは辛いから、というわけではありません。 

 

万願寺とうがらしは唐辛子と言えど、辛さはなく、逆に甘いのでとても食べやすいんですよ。

 

ちなみに唐辛子の本当の辛さの王様は、ご存知、「ハバネロ」です!

*ブログ「西城町のハバネロ」参照

次回は万願寺とうがらしの栄養!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2009年07月09日 15:42
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /179

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)