松茸の正しい調理法

こんにちは。
広島、中央市場の古昌商店です。

今、お昼前です。。
あ〜お腹すいた!

と。言うわけで?


今日は松茸の本当の美味しい食べ方をご紹介します!


せっかく買った松茸、香り、歯ごたえなどなど1番おいしく味わえる食べ方を実践せねば!!



まず香り命の松茸。
香りを殺してしまっては絶対にいけません。
素材そのままの香りを味わうため、松茸は基本的には洗いません
これはその他のきのこ類にもいえること。
きのこ類は基本的に洗わなくていいんですよ。

と、言っても松茸は泥が付いていたり、抵抗がありますよね?
でしたら、水で湿らせ、良く絞ったキッチンペーパーなどで拭けばOK★

でもでも、気になるものは気になるんだよぅヽ(`Д´)
って方は、薄い塩水で振り洗いをした後に水気をよく切りましょう
松茸は水分を吸収しやすいので、手早くねっ!

裂いたときに虫がいた場合もゴシゴシ洗うのではなく、塩水に5分前後つけておけば大丈夫です。

あと、切るときは用途によりけりですが、手で裂いたほうが松茸のコリコリとした食感を味わえます!!

石づきが問題ですよね。
椎茸なんかだったら廃棄しちゃいますが(本当は使ってあげた方がいいんですが)高級食材なもので、もったいない精神がより働いちゃうのが人間。。。
うん、きちんと食しましょう!!

石づきが硬いのは主に表面部分。
石づきの固い先端部分を中心に、鉛筆を削るように削りましょう。
鉛筆をナイフで削るときのようにね!
間違ってクルクル削らないようにして下さい。



 

 

 

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2009年09月30日 11:21
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /198

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)