明日葉
 こんにちは。
広島中央市場、古昌商店の斉藤です。

今日は、春から初夏にかけてでまわる明日葉についてご紹介します。

広島ではあまりなじみが無い野菜だと思いますが、伊豆諸島が主産地とのことで 
 
す。若葉を摘んでも明日には伸びるという所にこの名前の由来があり、生命力が  
 
強いだけあって、栄養価の高い緑黄色野菜です。


青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像青い植物のイメージ画像
★★ 選び方 ★★
  緑が濃く鮮やかで、葉っぱにつやのあるもの。
  茎のしなやかなもの
 
 
★★ 効能 ★★
  
  茎を折ると切り口からネバネバした黄色い液汁がにじみ出てきます。この黄色い液汁には、カルコンクマリ   という成分が含まれています。
 カルコンには、胃酸の分泌を抑える作用や強い抗菌作用、発ガンを促進させる物質を抑える作用、血圧を下げる作用、血液をサラサラにして代謝を促進、血液の粘着や凝固を抑えて血栓ができるのを抑える作用など様々な効能があります。
  クマリンは、アルツハイマー型痴呆症を予防する効果があると言われています。また、クマリンにも抗菌作用があります。
 
カルコンやクマリンだけではなく、カリウムカロテンビタミン B 群などの成分も豊富に含まれています。豊富な栄養素で知られるケール やほうれん草などの青菜と比較しても、ビタミン群やミネラル類、食物繊維の含有量は抜きんでています。また、植物としては良質のタンパク質も含有しています。
 
 

 

通販でおなじみのアオ汁で利用されることが多いようです。コレだけ栄養価

が高ければなんとなくうなずけますね!!


投稿者: 古昌商店 日時: 2010年05月06日 11:54
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /274

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)