夏野菜
こんにちは、古昌商店の田中です。

7月に入って暑くなり、夏バテ気味な方も増えてきてるのではないでしょうか?

今回は、夏バテ効果がある夏野菜を紹介します。


   

種類

 

 

 

 

 

 

主な栄養素

 

 

 

 

 

 

選び方

 

 

 

 

 

 

オクラ

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・カリウム・カルシウム・ビタミンA
刻むと出てくる独特のぬめりはペクチンという食物繊維です。これは整腸作用やコレステロールを減らす働きがあります。

 

 

 

 

 

 

緑の色が濃く、うぶ毛がびっしりと覆っているものを選びます。

 

 

 

 

 

 

アスパラガス

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE
アスパラガスの名前に由来するアスパラギン酸がアミノ酸の一種で、新陳代謝を促し、たんぱく質の働きを高める働きがあります。

 

 

 

 

 

 

穂先が揃って真直ぐなものを選びます。

 

 

 

 

 

 

かぼちゃ

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンA・カリウム・ビタミンE
カロチンが多く含まれ、粘膜を丈夫にする働きがあります。

 

 

 

 

 

 

へたが黄色く枯れていて、縦に溝が入っているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

きゅうり

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・カリウム・ビタミンE
イソクエルシトリンという成分を多く含んでいるので利尿作用があります。

 

 

 

 

 

 

緑が濃くトゲの鋭いものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

とうがん

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・カリウム・カルシウム
あっさりして食べやすいので、食欲のない時にも胃に優しく作用します。

 

 

 

 

 

 

表面に白い粉がふいているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

なす

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・カリウム・ナイアシン
カラダのほてりやのぼせが強い時に食べると効果があります。

 

 

 

 

 

 

へたのトゲが尖っているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

トマト

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンA・ビタミンE・カリウム
最近注目されているリコピンを含み、抗がん作用が認められています。

 

 

 

 

 

 

均一に色がついていて、へたの緑が濃くずっしりと重いものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

ピーマン

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンE・ビタミンA・カリウム
ビタミンCが最も豊富で、風邪の予防・がんの予防にも役立ちます。

 

 

 

 

 

 

色が濃くピンとしたものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

ゴーヤ

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・カリウム・ビタミンB1
ビタミンCの含有量がレモンの3倍で夏バテ防止には欠かせません。

 

 

 

 

 

 

あまり食べ慣れていない方は比較的苦味の少ない形のずんぐりしたものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

枝豆

 

 

 

 

 

 

ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム
たんぱく質が豊富に含まれており、メニオンという成分はアルコールの分解を助けるので、肝臓の負担を軽くしてくれます。

 

 

 

 

 

 

緑が濃くさやがふっくらと膨らんで大きさが揃っているものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 


夏野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維、機能性成分が豊富に含まれており、暑い夏を元気に過ごすため欠かせない食材です。 みなさんも、これらの食材を意識的に摂取して夏をのりきりましょう!!
投稿者: 古昌商店 日時: 2010年07月10日 12:12
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /292

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)