くわいの紹介

こんにちは、古昌商店丸小です。

今回は正月のおせち料理に使われるくわいを紹介します。

 

くわいの時期は1112月です。茎の先に芽が見えることから「芽出たい」として、正月のおせち料理に用いられます。青くわい、白くわい、吹田(すいた)くわいの3種類がありますが、手に入りやすいのは写真の青くわいです。独特のほろ苦さがあります

栄養

 くわいの主成分はてんぷんです

 目利き・保存

色、つやがよく、芽が出ているものを選びましょう。ラップに包んで冷蔵庫で保存します。

 調理のヒント

煮物、薄切りにして揚げ、くわいせんべいに。

 くわいのうま煮

縁起もののくわいは、おせち料理には欠かせません。くわいの形の面白さ、ほろ苦さをいかすために、ていねいに形作り、しょうゆ、みりんなどで、じっくりと煮含めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2010年12月26日 14:05
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /329

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)