アメーラルビンズのご紹介

こんにちは、広島中央市場古昌商店です。

皆さんはミニトマトの一種であるアメーラルビンズ

どれほど甘いと思いますか?

今日、糖度計でアメーラルビンズの糖度を測ったところ

なんと11.5度もありました!!!

すいかの糖度が一般的に12度なので、トマトで11.5度というのはとても甘いということが分かります。

 そこで今回は、ルビーのようなフルーツと言われているアメーラルビンズについて紹介します

 

 

 

 


噛んだ時の「パキッ」「パチッ」という弾んだ歯ごたえがあり、肉厚の食感です。

あまさと健康成分が豊富に含まれています。

赤く熟して濃縮される分、リコピンポリフェノールギャバ

ベータカロチンビタミンCも増加します。 


 

 

 

 

 アメーラルビンズは季節で味が変わるといわれています。

 

 

  なぜ季節で味が変わるのでしょう?

 

アメーラルビンズは、一年を通して比べると、2月から6月頃までが一番甘くなります。

その理由は、冬に苗で育ったトマトが春の長日と、寒さから暖かさえ向かう最高の環境でじっくり味を作っていくからだと考えられているそうです。

ふつうのミニトマトは糖度6度前後で、高いものでも8度程度です。

これに対してアメーラルビンズは糖度10度以上を年間の出荷基準としているそうです。

 

 

何故ルビンズという名前なのでしょうか?

 

ルビーのようにつややかな赤色をして、形はジェリービーンズのような形をしています。

色(ルビー)と形(ビーンズ)のイメージを重ねて「ルビンズ」と名付けたそうです。

デザートタイプの高糖度ミニトマトなので、スイーツのトッピングにもお薦めだそうです。

 クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

タケノコとアメーラルビンズのアボカドサラダ

〈材料〉

・タケノコ ……150g               

・アメーラルビンズ…… 5

・アボカド ……1

・ニンニク ……小1

・レモン汁 ……大さじ1

・パセリ ……お好みで

・塩・コショウ ……少々

 

〈作り方〉

1、煮タケノコを1.5mm角のサイコロ状にカット。(上部の三角部分のみクシ切り)

アメーラルビンズは24等分。

2、アボカドをフォークで軽くつぶして、レモン汁とニンニクをみじん切りにして加え、塩コショウをして混ぜる。

3、1を2で和えてお皿に盛り、みじん切りしたパセリを飾り付けて出来上がり♪

 メイン画像

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2011年01月21日 10:16
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /336

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)