アンコールオレンジ★☆

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌商店です。

今日は、アンコールオレンジについてご紹介いたします。

アンコールオレンジは、一度食べたらもう一度食べたくなることから“アンコール”オレンジと呼ばれるようになったそうです。

日本では九州・愛媛の限られた地域でのみ生産される希少な品種と言われています。

晩成種の為か、味が濃厚で、豊富な果汁独特な芳香が特徴です。

酸味が強く、とても甘みの強い味わいです。



アンコールオレンジって何?

1965年にカリフォルニア大学のフロスト博士が育成した品種です。

地中海沿岸国特産地中海オレンジクネンボ実生キングを交配して育成されたそうです。

系統図

愛媛県全国一の生産量を誇り、そのすべてはハウス(加温・無加温)にて温度・湿度を厳重に管理された中での栽培されている高級贈答としても人気の柑橘です。

晩成のみかんで甘みが強く、果実は小さなへそがある扁球形重量はおおよそ100〜150gです。

果面は滑らかで、果皮はむきやすいです。糖度13〜15度で食味は濃厚です。

どの果実を食べても均一な味で当たり外れなく、最後まで美味しい味を楽しむことが出来るそうです★☆

皆さんも是非是非召し上がってみてください♪♪



《食べ方》

みかんのように皮をむいてそのまま召し上がってください。オレンジのようにカットしていただくのもオススメだそうです。

※種がありますので、気をつけてくださいとのことです!!

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2011年04月08日 11:28
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /353

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)