海老芋のご紹介♪♪

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今日は里芋の仲間の“海老芋”をご紹介します♪



海老芋とは??

海老芋は、サトイモの品種のひとつです。京芋きょういも)とも呼ばれています。京都府を中心に、主として近畿地方で消費されているそうです。

反り返えった紡錐方形で、表面にある黒い横縞とあわせてエビのように見えることが名前の由来とされています。




★海老芋の特徴★

海老芋は、粘り気に富みよく締まった粉質の肉質、優れた風味と少しの甘みがあり、煮ても煮崩れせず、色も変化しない点が挙げられます。このため、一般的なサトイモとは違って高級食材として扱われています。海老芋を使った料理として有名なものに京料理芋棒があり、他にも島根県の津和野町では海老芋を使った芋煮が郷土料理として作られているそうです。

このほか、親から子へ次々と増えて成長することから縁起物としても重用されています。

海老芋の中にも種類があり、茎が赤いものを唐芋本海老)」、茎が青いもの(黄緑色のもの)を「女芋」と呼ぶそうです。






★海老芋の効能★

・サトイモ科の作物の主成分は糖質とたんぱく質で、腸内吸収率が高く穀類のでんぷんとは違う性質を持っています。
・脂肪の燃焼に必要なビタミンB2が多く、カロリーも低いので、ダイエットには最適な食材と言えます。
・塩分(ナトリウム)の排泄効果があるカリウムが、ジャガイモよりも豊富なので、高血圧が気になる方の栄養補給にも適しています。

また、サトイモ科独特の「ヌメリ」の正体は、ムチンという解毒作用のある酵素で、肝臓腎臓を丈夫にし、老化防止に役立つと言われています。






★海老芋の保存方法★

海老芋を含めサトイモ科の作物は、土を落としてしまうと、乾燥して品質の低下が早まるので、土がついたまま冷暗所に保存します。あまり低温になると、品質低下につながるので、冷蔵庫には入れないようにしましょう。

スーパーなどで土を落としたものを購入した場合は、濡れた新聞紙で包んで、乾燥を防ぎましょう。





今回は芋棒という、海老芋を使ったレシピをご紹介します♪♪

芋棒



材料

・海老芋     2個
・棒だら     4×5cmくらいのを5切れ程度
・水       5カップ程度
・昆布      10cm四方程度
・酒       2/3カップ
・砂糖      3/4カップ
・薄口しょうゆ  1と3/4カップ
・削り節     適量



作り方

1.棒だらは水でもどし、適当なサイズに切った後、洗ってゆがきます。その後ゆっくり冷ましてゆで汁を捨てます。
2.海老芋は皮をむいて柔らかくゆでておきます。
3.水と昆布を10強、火にかけます。
4.3に1と2・酒・砂糖・しょうゆ・削り節を入れ、落としぶたをして煮ます。

(強火30分。弱火2時間)


投稿者: 古昌商店 日時: 2011年12月19日 12:02
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /379

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)