春の七草

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

明日1月7日といえば、七草粥を食べる日ですよね☆★

そこで今回は、七草粥について調べてみました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます


七草粥の由来

七草粥は、スズシロスズナセリハコベラホトケノザナズナが一般的な七草です。地方によっても異なるようです。ちなみに、スズナカブスズシロ大根を指します。日常おなじみの野菜です。お正月の1月7日に七草粥を食べる習慣は、江戸時代から始まりました。七草は、いわば緑草(ハーブ)ですが、これは、お正月の疲れが出ている胃を気遣って、体にやさしいものを食べよう、つまり1年の家族の無病息災を願って食べるというのが七草粥の始まりです。それぞれの七草にはビタミンがたっぷり含まれていますし、肉や魚をよく口にするお正月の締めくくりに、七草粥で体の疲れを取りましょう。




七草の効能

セリ   鉄分・食物繊維・ビタミン類
湿地やあぜ道に多く生育。よく似たドクセリは猛毒とされてるので注意が必要!! 初夏には白い花を咲かせます。
お浸しや和え物、サラダやスープなどにしても美味しくいただけます。

ナズナ 利尿作用
あぜ道や荒地に生育。早春に花を咲かせます。各種薬効に優れた薬草としても知られています。


ゴギョウ  鎮咳作用
日当たりの良い畑地や道端に生育。薬草として用いられ、黄色い花を咲かせます。


ハコベラ    たんぱく質・ミネラル
田畑、道端で春から夏にかけて多く生育。小さな白い花を咲かせます。


ホトケノザ  解熱・鎮痛など
あぜ道や田畑で生育。よく似たオニタビラコが多くみられるので注意。初春に小さな黄色い花を咲かせます。


スズナ  ビタミン・ミネラル・消化促進
ビタミンCが含まれ、葉にも栄養素がたっぷり含まれています。
葉と根共に漬物。根の煮物、おろし汁は咳に効くといわれています。


スズシロ  ビタミン・ミネラル・消化促進
スズナと栄養分が似ており、 ビタミンCが豊富に含まれ、葉にも栄養素がたっぷり含まれています。
葉は炒め物や漬物、根は煮物、漬物、おろしたりサラダなどの生食などといった様々な料理で使われます。




簡単☆七草粥

材料(2人分)

七草セット     1P

炊いたご飯     250g

水         500cc

▲塩        小さじ1/2

▲薄口しょうゆ   小さじ1/2

▲粉末だし     小さじ1/2


作り方

1、七草をザルとボールでよく洗います。大根、カブは薄切りに、葉類はザルに残し、熱湯をかけ1分おき、2センチ幅で切っておきます。

2、鍋に水、大根、カブを入れ沸騰させます。沸騰したらご飯と▲をすべて入れ、5分中火でお玉などで混ぜながらグツグツ炊きます。

3、2の残りの葉類の七草を入れ1分、綺麗な緑になったら、盛り付けて出来あがりです。


投稿者: 古昌商店 日時: 2012年01月06日 11:43
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /386

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)