椎茸のご紹介

こんにちは、広島中央市場 株式会社・古昌です。

今日1月11日は鏡開です。

皆さんをどのようにお餅を召し上がりますか??

お餅を用いた料理は多くありますが、今回はお雑煮の中に入っている椎茸を2回にわたってご紹介しようとおもいます。
一回目は、椎茸の歴史美味しいお雑煮の作り方をご紹介します。

秋の味覚シイタケ(椎茸)


椎茸の歴史

椎茸日本中国などで主に生産されています。栽培され始めたのは江戸時代で、シイクヌギなど広葉樹の原木に傷をつけ、そこに胞子が自然につくのを根気よく待つという栽培方法でした。その後、人工的に胞子を植え付けるようになり、現在では年中栽培できるようになりました。




お雑煮の作り方

材料(2人分)

お餅    2〜4個

鶏肉    100g

人参    100g

大根    100g

長芋か葱  100g

椎茸    2枚

出汁

水     400cc

酒     大さじ2

醤油    大さじ2

みりん   大さじ2

ほんだし  小さじ1

昆布    あればひときれ


作り方

1、お餅は半分に切る。フライパンに分量外のゴマ油を薄くひいて両面焼く。

2、人参・大根・長芋は短冊切り。葱なら斜め切りにする。椎茸はスライスする。鶏肉は一口大に切る。

3、鍋に水と鶏肉を入れ火にかける。鶏肉に火が通ったら灰汁を取り野菜と調味料を加える。

4、沸騰後5〜6分加熱し野菜が柔らかくなったら器に盛ってお餅を乗せて出来上がり♪♪


皆さんもこの機会に作ってみてはいかがでしょうか。


投稿者: 古昌商店 日時: 2012年01月11日 11:41
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /387

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)