★栄養満点 ケールのご紹介★

こんにちは、広島中央市場 蠍転です。

今回は、青汁の原料でよく使われる“ケール”をご紹介します。
ケール
★ケールのプロフィール★

●ケール栽培の歴史は古く、その始まりは紀元前200ごろと言われています。
○古代ギリシャ人が、野生のケールを食べる羊が元気で成育が早いことに気づきました。
そこで、ケールが自分たちの健康にも良いと考え、本格的に栽培に取り組んだのが始まりと言われています。

●その後、航海民族として知られるケルト人によってヨーロッパ諸国に広められたそうです。

○ケールが日本に伝来したのは江戸時代と言われています。明治の時代から品種改良を加えられ、キャベツはもちろん、ブロッコリーカリフラワーにも姿を変えて、私たちの食生活に浸透していきます。


★ケールの栄養・効能★

ケールの効能としては、血中のコレステロールを低下させる作用や、腸に含まれる有害物質の排泄を促進し、整腸作用があることから便通をよくしたり、インスリンの働きを改善して血糖値を正常に戻といった働きがあることから、ケールには糖尿病の改善作用といった効能も期待できるとされています。

またケールにはメラトニンという成分が多く含まれているのも特徴的で、このメラトニンという成分が私たちの健康にとって優れた効能を及ぼしてくれます。メラトニンは睡眠など体のリズムに関係した物質で、睡眠促進効果があるとされている他、細胞の老化を早める活性酸素を除去する強力な抗酸化物質であるとも言われています。このように睡眠老化予防といった健康面で非常に重要な項目に対して、良い影響を与えてくれるメラトニンがケールには豊富に含まれているのです。


★ケールを使った料理★

ケールというと日本では【青汁】の原材料として有名ですが、ヨーロッパなどではスープロールキャベツの食材として一般的に食べられているそうです。

ケールはややクセのある味なので食材として料理に使うには敬遠される人もあるかと思いますが、一般的な野菜炒めの食材としてキャベツの代わりにケールを使ってみたり、茹でてから胡麻和白あにしたり、ケールの葉のぷらといったように、レシピのバリエーションはいろいろとあります。もちろんサラダとして食べるのが一番手間いらずで簡単です。


★ケールの選び方・保存方法★

選び方

・見た目より重みがあり、葉の緑色が濃く、つやのあるものを選びましょう。
・斑点のあるものは鮮度が落ちています。

保存方法

新聞紙などに包み冷蔵庫で保存しましょう。


★ケールの食べ合わせ★
レモン&ケール

ビタミンCは鉄分の吸収を助ける。ビタミンCがある柑橘系果物葉野菜キャベツなど)、イチゴトマトピーマンブロッコリーなどの野菜果物と、ケールほうれんなど鉄分を多く含む野菜を一緒に摂ると、鉄分を効率的に吸収できる。


★ケールチップス★

材料

・ケール      1束

・オリーブオイル  お好みで

・塩        お好みで

作り方

1、オーブンを180度に温めておきます。

2、ケールの葉っぱだけを芯からとり、適当な大きさに切る。

3、大きめのボールに切ったケールとオリーブオイルと塩全体にを混ぜる。

4、3をノンスティックのオーブンシートに広げる。

5、オーブンで加熱したら完成です♪♪


投稿者: 古昌商店 日時: 2012年09月08日 11:16
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /437

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)