百合根のご紹介♪♪

こんにちは、広島中央市場 蠍転です。

今回は、お正月料理によく用いられる“百合根”をご紹介します。


★百合根のご紹介★

百合根百合の球根のことで、ニンニクと同じく鱗片(りんぺん)が重なり合って球形になったものです。

◆古くから薬用として使われ、一部苦みの少ない百合根は食用にもしていたようです。

◇はじめは自生のものを採取していましたが、17世紀になって栽培されるようになりました。

◆現在では食用として栽培されている95%は苦みの少ない小鬼で、残りの5%が鬼ゆや苦みのない山ゆです。

◇全国で食べられている百合根の98北海道で栽培されたものです。

◆ひとつの百合根を作るになんと3年かかるそうです!!


★百合根の栄養・効能★

不眠やヒステリーに悩む人に効果
百合根に含まれているデンプンユリマンナンには口腔やのど、また胃の粘膜を保護する作用があります。多種のアルカロイドには精神安定安眠に効く成分が含まれており、百合根が更年期障害自律神経失調症などの人、不眠ヒステリーに悩む人に効果があるのは、これらが含まれているためです。
またむくみをとり除き、美しい肌をつくる効果も期待できます。百合根の苦みは食欲を増進させ、体力を増強します。特に、体力が減退して起こりやすくなる神経衰弱精神恍惚不眠症などの治療や予防に役立ちます。


★百合根の選び方・保存方法★

選び方

・全体に色が白く、鱗片が1枚ずつしっかり重なり合って、硬く締まっているものが良品です。
・ところどころ黒っぽくなっているものは削りとって使えば問題はありませんが、全体に紫色がかったものはやや苦みが強いので避けたほうがよいでしょう

保存方法

百合根は洗わずにオガクズに埋めて冷蔵しておくと、1ヶ月ほど鮮度を保てます。また、洗ってしまった場合は冷蔵しながら1週間ほどで使い切るようにしましょう。鱗片をはがしている場合は蒸してラッピングして冷凍しておきましょう。


★百合根の良い食べ合せ★

鶏肉+百合根

鶏肉は体力アップに効果的で、百合根も滋養強壮作用があることから、相乗効果があるとされています。特にお腹の具合が悪く、精神的に不安定な時に役立つといいます。


★百合根とおからのコロッケ★

材料

・百合根     1個

・おから     100

★牛乳      大さじ3

★塩コショウ   適量

★顆粒コンソメ  小さじ1/

・溶き卵     適量

・小麦粉     適量

・パン粉     適量

・サラダ油    適量

作り方

1、百合根は一片づつはなして汚れを綺麗におとします。黒いところがあれば包丁でとります。

2、1の百合根を熱湯で5分程度ゆでます。熱いうちに裏ごしします。スプーンでも簡単に裏ごしできます♪

3、おからをレンジに2分ほど加熱し軽く水分を飛ばします。2と★を混ぜます。

4、お好きな形に整え衣をつけます。小麦粉→卵→パン粉の順番です。

5、170度に熱した油で両面がこんがりなるまで揚げます。油をきり盛り付けたら出来上がりです♪


投稿者: 古昌商店 日時: 2013年01月19日 11:45
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /450

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)