夏野菜★ゴーヤのご紹介

こんにちは、広島中央市場 蠍転です。

今回は沖縄料理には欠かせない“ゴーヤ”をご紹介します。


★ゴーヤのプロフィール★

ゴーヤはウリ科の1年生ツル草で、正式和名は「ツルレイシ」です。本州などでは「ニガウリ」とも呼ばれています。

ゴーヤは、はっきりした場所は特定出来ませんが、インドを中心とした帯アジア、及びアフリカが原産だと考えられています。

原産地周辺ではいつ頃から食されていたのかは不明ですが、その後中国を経て、沖縄に渡ってきたようです。

旬は6〜8月。沖縄の夏野菜として有名ですが、現在はハウス栽培で1年中収穫できます。


◆ゴーヤの主な種類◆

あばしゴーヤ

沖縄地方でよく見られる太くてずんぐりしたゴーヤです。ハリセンボンという魚(沖縄名:アバサー)に似ているのでこの名前がついたそうです。味は苦味が少なく肉厚でジューシーです。

 
長れいし

キウリの用に細長いゴーヤです。九州地方で栽培されているものは、このタイプが多いようです。

 
白れいし

文字通りの白いゴーヤです。イボは丸みを帯びて極端なトゲ状のものはありません。

味は苦味が少なくジューシーで、サラダにも向いています。
 

★ゴーヤの栄養・効能★

ゴーヤに含まれるシトルリンには抗酸化作用肌の保湿効果を高めるという女性にとって嬉しい効果があります。

ゴーヤの苦味は、モモルデシチンチャランチンとゆう成分で、血糖値や血圧を下げる効果や、食欲増進作用整腸作用の効果があります。

ゴーヤ100g中には、ビタミンCレモン2〜3倍キャベツ約4倍に相当する120mgも含まれていて、通常ビタミンCは加熱すると壊れてしまいますが、ゴーヤーのビタミンCは、加熱してもほとんど壊れません


◆ゴーヤの良い食べ合わせ◆
ゴーヤ+サーモン・うなぎ

老化防止美肌作りスタミナアップ

ゴーヤ+大豆

利尿効果腎臓病予防美肌作り


★ゴーヤの選び方・保存方法★

選び方

‐ぶりなものを選びましょう

▲張屮張屬たくさんあるものを選びましょう

ツヤツヤなものを選びましょう

じ任い發里鯀びましょう

保存方法

冷蔵庫での保存

まず中のタネとワタを取り除きましょう。その後、新聞紙またはキッチンペーパーで包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。保存期間は1週間程度です。

冷凍保存

炒めものに使うようにカットして、タッパーやフリーザーバッグに入れて、冷凍保存。保存期間は3ヶ月程度ですが、なるべく早く使うようにしましょう


◆ゴーヤの綿のピカタ◆

材料(2人分)

・ゴーヤの綿(種も一緒に)  1本分

・卵             1個

・塩胡椒           少々

・パセリ           少々

・ポン酢や塩など       お好みで

作り方

1、ゴーヤの綿を取り出します。ゴーヤを縦半分に割り、スプーンなどでくりぬきましょう。

2溶き卵に、塩胡椒とパセリを混ぜます。

3、2に、一口大にちぎったゴーヤの綿を入れて混ぜます。

4、3を油を引いたフライパンで焼きます。

5、両面がこんがりしたら、できあがりです。


投稿者: 古昌商店 日時: 2013年05月11日 11:56
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /456

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)