白ネギのご紹介◎

こんにちは、広島中央市場 蠍転擦任后

前回は、白菜のご紹介をしたので、

今回も、鍋をするのにはかかせない食材を

ご紹介しようとおもいます♪


そうです!!白ネギです!!!!
今回は白ネギについてご紹介します。

白ネギの歴史
|羚颪寮症瑤泙燭論哨轡戰螢南部のアルタイ地方ではないかといわれています。

中国では古代から栽培されていて、6世紀頃の書物には栽培法が記されているそうです。
F本へは西洋よりもだいぶ早くに伝わっていました。「日本書紀」(720年)に
秋葱(あきぎ)」という名前が出てくることから、かなり古い時代から存在したと考えられます。
江戸時代にはすでに栽培法も確立し、日本各地で作られていました。


白ネギの栄養・効用
ネギ特有の強い香りの成分は硫化アリルと言う成分によるもので、
ビタミンB1の吸収を助ける他、血行をよくし
疲労物質である乳酸を分解する作用などがあると言われており、
肩こり疲労回復にも効果が期待できます。更に消化液の分泌を促す働きもあります。
●昔から風邪に対する民間療法で使われています●
昔から風邪をひいたときには焼いた白ネギをのどに当てたり、
ネギを食べるといいといわれていますよね。
これは、あの刺激臭や辛味の成分でもある「硫化アリル」の効果で、
強力な殺菌作用鎮静効果があります。
非常に揮発性が高いので、のどに当てるだけでも効くみたいです。


→効率よく摂取する方法
冷凍保存はできる限りしないようにする
細かく切って冷凍したネギは調理の手間は省けますが、栄養価は下がってしまいます。
できるだけ食べる直前に調理することで十分な栄養を摂ることができます。
また、ネギは加熱することでビタミンCなどの栄養成分が失われやすいので、
できるだけ火を通さないようにするとよいでしょう。
もしも加熱する場合は、油を使うことでカロテンを効率よく吸収できると言われています。
効果によって青ネギ白ネギ使い分ける
ネギにはビタミンA、C以外に骨粗しょう症を予防するカルシウムなど、
栄養素が含まれています。白ネギよりも青ネギの方が栄養分が比較的高く、
ネギの栄養成分を効率よく摂りたい方は積極的に青ネギを使うようにしましょう。


→相性の良い組み合わせ

風邪を引いてしまった時には、ネギと共に、
身体を温める働きのあるショウガ味噌を少量混ぜてお湯を注いで飲むことで
体が内側から温まり、発汗を促すため、解熱の効果が期待できます♪



★白葱と豚ばら肉の蒸し煮鍋★
材料 (2人分)
  長ネギ(白い部分)3本  300g
  豚ばら肉薄切り     180g
  ■ 煮汁
  濃口醤油               70cc
  日本酒                 70cc
  ■
  ごま油                 小さじ1
  ■ 好みで
  七味唐辛子             適量
  黒胡椒                 適量

…垢佑は洗い、白い部分を5冂垢気療状に切ります。ばら肉は10センチ位の長さに切ります。
△瓦淕を土鍋の底に紙ぺーパーでひいてから1で切った長ねぎを立てて並べます。
2の葱の周りに豚ばら肉を入れます。
F蕕膨垢佑とばら肉を入れたら、日本酒を回し入れ中火で加熱します。
ぜ鬚全体に馴染んだら醤油を回し入れ、蓋をして中火で15分位蒸し煮します。
ツ垢佑の中まで、柔らかく煮えたら完成です!!



もう広島でもが降りましたね((+_+))
寒さ対策はしっかりして、体調を崩さないように

気を付けてください!!!!

 


投稿者: 古昌商店 日時: 2014年12月06日 11:16
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /486

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)