★うどのご紹介★

こんにちは(株)古昌です。今回は今が旬のうどを紹介します。

★うどの種類

  山うど軟白うどがあります。 
    山うどは、葉が緑色で香りが強くシャキシャキとした歯ごたえがありま 
    す。軟白うどは、トンネルなどの暗所で栽培されるため、茎の近くまで   
    白く、柔らかくアクも少ないです。


★選び方と保存方法
  株の切り口から穂先まで太さが均一穂先がピンと張っており、茎は白
      く産毛が密に生えているものがいいでしょう。大きすぎたり白い斑点が
      あるものは避けます。
    光に当てると固くなるので、新聞紙などに包み冷暗所に保存します。


★栄養
 ウドの栄養成分の主成分は炭水化物水分です。また、カリウムも多く含  まれ ています。マグネシウム、カルシウム、ビタミンC、食物繊維も含みます。独特の香りはジテルペンです。有効成分は皮付近に多く含まれているので、皮も食べるとよいです。
カリウムが血圧を下げてくれます。ジテルペンは、体調・気分を良してくれます。食物繊維が便秘を改善し、がん予防にも働きます。


 ★下ごしらえ
  皮の近くにアクがあるため、皮は厚くむき、すぐに真水につけアク抜き
     をします。5分くらいおきますがその間何度か水を変えます。酢水(水
     5カップに対し、酢大さじ1程度)につけると変色を防ぎ白く仕上がり
     ます。特にアクの強い山うどは、沸騰した湯の中でさっと茹でてから水
  にさらしてアクを抜きます。


★レシピ
  ♪うどの酢味噌和え
 
   <材料 2〜3人分>
    うど           1本
    〇味噌          大さじ1
    〇酢           大さじ1
    〇甜菜糖(きび砂糖など) 大さじ1/2
 
    1 うどは4cmに切り皮をむいて酢水に浸す。それぞれ縦に薄切
                    りにして酢水に戻しアク抜きする。
    2 若い葉があれば、塩少々入れた湯でさっと茹でてしばらく水にさ
     らす。                  
    3 〇印を混ぜ合わせ、水けをよく切ったうどを加え、和えてでき  
     あがり。 
 
  ♪うどのきんぴら
 
   <材料 2人分>
    うど        1〜2本
    ごま油       適量
    〇砂糖       適量
    〇醤油       適量
    一味唐辛子     適量
 
      1 うどを千切りにする(皮も使用する)
    2 ごま油をひいたフライパンにうどを入れ、中火で炒める。
    3 〇の調味料を入れて混ぜ合わせ、皿に盛り付けて一味唐辛子を
      ふりかける。                   



投稿者: 古昌商店 日時: 2017年03月27日 12:04
トラックバックURL:http://blog.furusyo.co.jp./ /501

コメント

コメントを投稿
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
 
名前:
メールアドレス:
URL
   
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)